ともに生きる社会かながわ憲章レポート

掲載日:2019年7月12日

県内の「ともに生きる社会」の実現に向けた活動を紹介!!

 平成28年7月26日に県立の障害者支援施設「津久井やまゆり園」で、大変痛ましい事件が発生しました。
 このような事件が二度と繰り返されないよう、県と県議会は、ともに生きる社会の実現を目指し、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。
 こちらでは、県内の憲章普及や「ともに生きる社会」の実現に向けた活動を紹介しています。


ともに生きる社会かながわ憲章

一 私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします
一 私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します
一 私たちは、障がい者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、いかなる偏見や差別も排除します
一 私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

平成28年10月14日


デザインのチカラで憲章を普及!!
デザインのチカラで憲章を普及!!(学校法人岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校)

障がい理解研修の様子
どなたにもお買い物を楽しんでいただきたい!(株式会社セブン&アイ・ホールディングス)

 

「障がい者アート」という概念を超えて「障がい者アート」という概念を超えて(studio FLAT)

瀬谷西高校でのブラインドマラソン体験会

ブラインドマラソン体験会を通じて(瀬谷西高校)

アート活動の様子
表現をして楽しむことが生きる力に!(アトリエ言の葉)

訪問の家との交流

みんな違ってあたりまえ 交流し、多様性を認めあう社会の実現を目指します!(株式会社ファンケル)

小田原高校と小田原養護学校の交流

交流会を通じて(小田原高校、小田原養護学校)

かなチャンTV「ともに生きる」

かなチャンTV チャンネル「ともに生きる」(動画での活動紹介)

社員・従業員向け憲章普及にご協力いただいている企業 等

(株)アイネット、アサヒビール(株)、アツギ(株)、イオンリテール(株)、(株)イトーヨーカ堂、大塚製薬(株)、カゴメ(株)、キリン(株)、京浜急行電鉄(株)、(株)資生堂、(株)スリーエフ、(株)セブン-イレブン・ジャパン、ユニー(株)、第一生命保険(株)、(株)髙島屋、東京ガス(株)、(株)ツクイ、飛島建設(株)、日揮(株)、日産自動車(株)、日本生命保険相互会社、日本発条(株)、(株)ファンケル、富士通(株)、富士屋ホテル(株)、(株)横浜銀行 〈五十音順〉