障害者雇用率制度について

 「障害者の雇用の促進等に関する法律」では、事業主に対して、その雇用する労働者に占める身体障害者・知的障害者の割合が一定率(法定雇用率)以上になるよう義務づけています。
 (精神障害者については雇用義務はありませんが、雇用した場合は身体障害者、知的障害者を雇用したものとみなされます)

障害者法定雇用率について

 民間企業の障害者の法定雇用率は2.0%です。(平成25年4月1日から)
 常用雇用労働者数が50人以上の一般事業主は、この雇用率を達成する必要があります。

 詳細は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

障がい者雇用の状況について

 障がい者雇用の状況などについて掲載しています。

障がい者雇用に関する神奈川県の取組み

障がい者雇用のための支援機関

就労を希望する障害のある方へ

支援機関の方へ

障がい者雇用をお考えの事業主の方へ

視覚障がいのある方へ

神奈川県

このページの所管所属は 産業労働局 労働部 雇用対策課 です。