神奈川県視覚障害者雇用促進連絡会議

掲載日:2019年8月8日

視覚障がい者の雇用促進を図り、雇用に関する諸問題を検討するため、神奈川県視覚障害者雇用促進連絡会議を設置しています。

神奈川県視覚障害者雇用促進連絡会議設置要綱[PDFファイル/7KB]

「視覚障がい者の学ぶ場・働く場見学会」(令和元年度)

「神奈川県視覚障害者雇用促進連絡会議」では、視覚障がい者の雇用を促進するため、企業の経営者や人事担当者の方々を対象に、視覚障がい者の教育現場や事務職並びにヘルスキーパー(企業内理療士)としての就労を知っていただくための見学会を実施します。

詳細はリンク先をご覧ください⇒「視覚障がい者の学ぶ場・働く場見学会」令和元年10月8日実施

視覚障がいのある方・視覚障がい者を雇用する事業主の方へ

視覚障がいのある方や視覚障がい者を雇用する事業主の方にご利用いただける支援制度や相談窓口を紹介しています。詳細はリンク先をご覧ください。

視覚障がいのある方・視覚障がい者を雇用する事業主の方へのご案内

視覚障がいの特性等について

視覚障がいの等級

(身体障害者福祉法施行規則 別表第5号)

平成30年7月から、視覚障がいに関する身体障害認定基準の一部改正があったことに伴い、障害程度等級表も下記のとおり見直しとなりました。

1級

視力の良い方の眼の視力※が0.01以下のもの

※万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折異常のある者については、矯正視力について測ったものをいう。以下同じ。

2級

1 視力の良い方の眼の視力が0.02以上0.03以下のもの
2 視力の良い方の眼の視力が0.04かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの

3級

1 視力の良い方の眼の視力が0.04以上0.07以下のもの(2級の2に該当するものを除く。)
2 視力の良い方の眼の視力が0.08かつ他方の眼の視力が手動弁以下のもの

4級 1 視力の良い方の眼の視力が0.08以上0.1以下のもの(3級の2に該当するものを除く。)
5級 1 視力の良い方の眼の視力が0.2かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの
6級 視力の良い方の眼の視力が0.3以上0.6以下かつ他方の眼の視力が0.02以下のもの
 

国内の視覚障がい者の数

身体障害者手帳所持者数(視覚障害):約31万2千人(厚生労働省「平成28年生活のしづらさなどに関する調査」)

windows10などの操作

  • 画面拡大ソフト(拡大鏡)

虫眼鏡のような働きをします。ユーザーのフォーカスの移動に合わせてスクリーンの一部(または画面全体)を拡大して表示しますので、一部の方にとっては読みやすさが向上します。windowsと「+」を同時に押すと起動します。

  • 画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)

グラフィックスの代替えテキストやテキストを音声にして提供するソフトウェアです。いくつかのソフトが販売されています。

県内の視覚障がい者職業教育訓練機関

視覚障がい者の就労は、はり・きゅう・あんまマッサージ指圧師としての就労が、多くを占めています。
また、これらの技術を活かした「ヘルスキーパー」や「機能訓練指導員」として就職する事例、IT技術や就労支援機器の発達・普及に伴い、「事務的職業」に就職する事例もあります。

神奈川県内には、県立、市立、私立の3つの盲学校と、障害者職業能力開発校があり、職業教育を行っています。

神奈川県立平塚盲学校 高等部

神奈川県平塚市追分10-1/電話 0463-31-0948

  • 本科保健理療科(中卒3年課程、あん摩課程)
  • 専攻科保健理療科(高卒3年課程、あん摩課程)
  • 専攻科理療科(高卒3年課程、はり、きゅう、あん摩課程)

横浜市立盲特別支援学校 高等部

横浜市神奈川区松見町1-26/電話 045-431-1629

  • 専攻科保健理療科(高卒3年課程、あん摩課程)
  • 専攻科理療科(高卒3年課程、はり、きゅう、あん摩課程)

横浜訓盲学院 高等部

横浜市中区竹之丸181/電話 045-641-2626

  • 専攻科保健理療科(高卒3年課程、あん摩課程)
  • 専攻科理療科(高卒3年課程、はり、きゅう、あん摩課程)

国立県営 神奈川障害者職業能力開発校

相模原市南区桜台13-1/電話 042-744-1243

  • オフィスビジネス系ビジネスサポートコース

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。