脱炭素社会における暮らし

脱炭素社会における暮らし
外での時間

商店・販売所で働く時間

将来像

  • 店内は商品を手に取って確かめる場所となる。店員の仕事も商品の良さを説明することや、顧客にどのように商品を使えばよいのかアドバイスするコンサルティングのような仕事が主流となっている。
  • 衣類などを選ぶ際には、VR(仮想現実)やホログラムなどで仮想的に試着等が可能となっており、実際に服を着なくても商品を選べるようになっている。

その結果

  • 大量生産大量消費のビジネスモデルの転換に伴う、製品製造由来のエネルギー使用量の減少

今からできること

  • データや情報処理に関わる知識の取得やそれを促す人材育成

「外での時間」の
脱炭素な生活を見る