かながわなでしこ farmers

社是は「美味しい野菜の喜びをお届けします」
農業経営は「女でも頑張れる」
高橋 久美子

高橋 久美子さんの写真
高橋 久美子
高橋 久美子
ひばりファーム
横浜市
関連WEB・SNS
高橋 久美子さんの写真 高橋 久美子さんの写真 高橋 久美子さんの写真 高橋 久美子さんの写真
農業経営の概要
70aの露地畑で野菜を栽培し、出荷しています。労働力が基本的に自分だけなので、「大消費地横浜だから」売れる少品目に集約しています。出荷先はスーパーとJA横浜の3か所の直売所です。
主な作目
ブロッコリー、カリフラワー、なす、とうもろこし、ホウレンソウ
就農の経緯は?
2011年の東北の震災で家族が被災。いざという時に助け合えるような、地域とのつながりある仕事を志すようになりました。会社を辞め、かながわ農業アカデミーを卒業後、地元農家で研修し、2014年に横浜市泉区で経営を開始しました。
今は、多くの農業者、地域のボランティアさんや栄養士、保育士、起業家の方々とつながりがあり、農家と消費者の手をつなぐ情報発信や食育にも取り組んでいます。
2015年から、農水省の農業女子プロジェクトのメンバーです。
農業におけるやりがいはなんですか?
会社員時代と一番違うところは、全てが自己責任ということです。だからこそ、楽しいし、厳しいこともあります。
自分の技術向上や収量増、販売先の拡大、ボランティアさん、お客様など多くの方々との出会いを励みに頑張っています。
農業におけるこだわりは?
お客様の信頼が第一ですから、地元産ならではの新鮮野菜を販売すること、野菜本来の美味しさを追求すること、安心して手に取っていただける丁寧な説明と、パッケージングを心がけています。
今後の目標ややりたいことは?
家族の今後の方針は、「農業+(プラス)で幸せに暮らす」です。
子供の成長と家庭の変化に柔軟に対応しつつ、農業経営を長く続けるのが目標です。
農業で働くことを考える女性へ(メッセージ)
新規就農して女性だから不利だったことはあまりありません。自分が得意でナンバーワンになれること、他の農家が取り組まないこと、そして、先人の少ないことのどれかを選べば道が拓けると思います。困りごとを相談できる指導者と仲間は必須。可能ならボランティア、家族、社員と共にやる方がいいです。すぐには儲からないので、長期計画と貯蓄も大事です。一緒に頑張りましょう。