RECOMMEND / オススメ記事

令和3年度 かながわなでしこfarmers’college~女性農業者の経営発展支援セミナー~8月18日レポート
TRAINING

令和3年度 かながわなでしこfarmers’college~女性農業者の経営発展支援セミナー~8月18日レポート

県内で就農する女性農業者で、経営発展を目指す農業経営者や、今後、経営参画を目指す方、将来の農業経営者を目指す雇用農業者を対象にしたセミナー。令和3年8月から9月にかけて、全4回のカリキュラムで開催。研修2日目のこの日は、農業経営における財務管理と、農産物を販売し規模拡大していく上で必要なPR方法を学びました。

女性農業者のための経営参画支援セミナー<br>令和元年度 かながわなでしこfarmers’ caféレポート
TOPICS

専門家が農業経営を改善 1000年続く農園の挑戦 三浦の農業女子・山田靖子さん

「今後の規模拡大に向けて何を行なっていくべきか」「法人化を目指すには何をすべきか」など、予定相談時間を超えてみっちり2時間30分、かながわ農業経営相談所の専門家で、中小企業診断士の加藤寛昭さんと議論を交わしていました。

かながわブランド「幻の平塚クリマサリ」を栽培 農業におけるこだわり 平塚の農業女子・笹尾美香さん
TOPICS

かながわブランド「幻の平塚クリマサリ」を栽培 農業におけるこだわり 平塚の農業女子・笹尾美香さん

「クリマサリ」はホクホクとした食感で、形がクネクネしており、皮が薄いのが特徴。栗に勝ると言われるおいしさが特徴で、令和3年8月に「かながわブランド」に登録されました。出荷量が少ないため、「幻のサツマイモ」と呼ばれています。生まれも育ちも平塚の笹尾さんは、クリマサリを栽培している数少ない農家の一人。この度、農業におけるこだわりをお伺いしました。

専門家が農業経営を改善 1000年続く農園の挑戦 三浦の農業女子・山田靖子さん
TOPICS

ちがさき牛の美味しいレシピを伝授 ふるさとの生活技術指導士・齋藤和子さん

神奈川県では、地域の食材を生かした郷土料理など、農家に伝わる伝統的な生活文化の継承活動を実施している方を「ふるさとの生活技術指導士」として認定しています。
この度、令和2年度に新たに認定された齋藤和子さんにお話を伺いました。

NEWS / 新着情報

かながわ農林水産品マッチング商談会2022 レポート
TOPICS

かながわ農林水産品マッチング商談会2022 レポート

令和4年2月14日に、神奈川県・JAグループ神奈川主催の「かながわ農林水産品マッチング商談会2022」が開催されました。会場は横浜市にあるJAグループ神奈川ビルで、JAや県内生産者約20団体が出展し、取引を希望するバイヤーに自身の農産物の魅力をPRしました。

川崎市女性農業担い手の会「あかね会」 『オンライン料理教室』動画撮影
TOPICS

川崎市女性農業担い手の会「あかね会」
『オンライン料理教室』動画撮影

1月31日に川崎市にあるしんぼりフォームにて、『オンライン料理教室』のYouTube動画撮影を行いました。晴天となったこの日は爽やかな青空のもと、しんぼりファームで採れた“つや菜”を使用したレシピを川崎市女性農業担い手の会「あかね会」の皆さんが紹介しました。

かながわ農林水産品マッチング商談会 2022 商談準備オンラインセミナー
TOPICS

かながわ農林水産品マッチング商談会 2022
商談準備オンラインセミナー

2月14日に開催される「かながわ農林水産品マッチング商談会 2022」の事前説明・商談準備セミナーをオンラインで開催しました。農業者の販売先拡大の取り組みを後押しするための場であるマッチング商談会の開催にあたり、参加者は商談会当日についての説明を受けた後、商談でのアプローチ方法を学びました。

令和3年度第2回かながわなでしこfarmers’college ~女性農業者のための経営発展支援セミナー~1月19日レポート
TRAINING

令和3年度第2回かながわなでしこfarmers’college ~女性農業者のための経営発展支援セミナー~1月19日レポート

県内で就農する女性農業者で、経営発展を目指す農業経営者や、今後、経営参画を目指す方、将来の農業経営者を目指す雇用農業者を対象にしたセミナー。令和4年1月から3月にかけて、全4回のカリキュラムで開催。研修1日目のこの日は、研修目的や研修内容の説明といったガイダンスの後、活躍する女性農業者の事例紹介・経営目標の設定について学びました。

地元の食材を大切にする坂本洋子さんが語る「新しいものを生み出し続けることの楽しさ」- 女性農業者活躍表彰受賞者インタビュー -
TOPICS

地元の食材を大切にする坂本洋子さんが語る「新しいものを生み出し続けることの楽しさ」- 女性農業者活躍表彰受賞者インタビュー -

自身や地域で栽培した農産物を加工し、ブランド「黒川そだち」として地元の大型直売所で販売している坂本洋子さん。令和3年度に農業振興について特に功績のあった女性農業者を称える「女性農業者活躍表彰」を受賞しました。受賞後、ご自宅のある川崎市麻生区でお話を伺いました。

かながわブランド「幻の平塚クリマサリ」を栽培 農業におけるこだわり 平塚の農業女子・笹尾美香さん
TOPICS

かながわブランド「幻の平塚クリマサリ」を栽培 農業におけるこだわり 平塚の農業女子・笹尾美香さん

「クリマサリ」はホクホクとした食感で、形がクネクネしており、皮が薄いのが特徴。栗に勝ると言われるおいしさが特徴で、令和3年8月に「かながわブランド」に登録されました。出荷量が少ないため、「幻のサツマイモ」と呼ばれています。生まれも育ちも平塚の笹尾さんは、クリマサリを栽培している数少ない農家の一人。この度、農業におけるこだわりをお伺いしました。

令和3年度 第2回かながわなでしこfarmers' college女性農業者のための経営発展支援セミナー受講生募集
TRAINING

令和3年度 第2回かながわなでしこfarmers' college女性農業者のための経営発展支援セミナー受講生募集

女性の力を発揮して農業経営を改善・発展させるため、経営能力の向上を支援する研修を開催します。経営の発展を目指す方、これから家族経営への参画を目指す方、法人経営や独立自営を目指す雇用就農者の方の申込みをお待ちしています。

令和3年度 かながわなでしこfarmers’college~女性農業者の経営発展支援セミナー~8月18日レポート
TRAINING

令和3年度 かながわなでしこfarmers’college~女性農業者の経営発展支援セミナー~8月18日レポート

県内で就農する女性農業者で、経営発展を目指す農業経営者や、今後、経営参画を目指す方、将来の農業経営者を目指す雇用農業者を対象にしたセミナー。令和3年8月から9月にかけて、全4回のカリキュラムで開催。研修2日目のこの日は、農業経営における財務管理と、農産物を販売し規模拡大していく上で必要なPR方法を学びました。

令和3年度 第1回かながわなでしこfarmers' college女性農業者のための経営発展支援セミナー 受講生募集
TRAINING

令和3年度 第1回かながわなでしこfarmers' college女性農業者のための経営発展支援セミナー受講生募集

女性の力を発揮して農業経営を改善・発展させるため、経営能力の向上を支援する研修を開催します。経営の発展を目指す方、これから家族経営への参画を目指す方、法人経営や独立自営を目指す雇用就農者の方の申込みをお待ちしています。小さいお子様がいる方は、無料で託児サービスをご利用いただけます(無料・事前申込制)。申込み時にサービス希望の旨を記載してください。

商品の魅力はディスプレイで伝わる 6次産業化研修会
TOPICS

商品の魅力はディスプレイで伝わる 6次産業化研修会

農産物を加工するなどして販売する6次産業化について、その販売方法や商品開発の手法などを学ぶ「6次産業化研修会」が令和3年3月1日、神奈川産業振興センターで行われました。全5回の講習の最終回は「販売促進戦略の活用と実習」をテーマに、6次産業化プランナーで、販売促進や販路開拓の専門家の林由希恵さんが講師を務め、消費者が商品を手に取りたくなるような戦略的な売り方について講義しました。

令和2年度 かながわなでしこfarmers’college ~女性農業者のための経営発展支援セミナー~ レポート②
TRAINING

令和2年度 かながわなでしこfarmers’college ~女性農業者のための経営発展支援セミナー~ レポート②

県内で就農する女性農業者で、経営発展を目指す農業経営者や、今後、経営参画を目指す方、将来の農業経営者を目指す雇用農業者を対象にしたセミナー。令和3年1月から2月にかけて、全4回のカリキュラムで農業経営のノウハウを学びました。

専門家が農業経営を改善 1000年続く農園の挑戦 三浦の農業女子・山田靖子さん
TOPICS

専門家が農業経営を改善 1000年続く農園の挑戦 三浦の農業女子・山田靖子さん

「今後事業を展開していくためには、無駄な部分を削ったり、販路を拡大する手法を考えていかないとね。事業計画書と決算書を見せてみて」ーー。神奈川県の最南端にある農業技術センター三浦半島地区事務所で令和3年3月4日、農業経営の個別相談が行われていました。相談者は、くろぜむ農園を営む山田充さん・靖子さん夫妻。窓口では、「今後の規模拡大に向けて何を行なっていくべきか」「法人化を目指すには何をすべきか」など、予定相談時間を超えてみっちり2時間30分、かながわ農業経営相談所の専門家で、中小企業診断士の加藤寛昭さんと議論を交わしていました。

専門家が農業経営を改善 1000年続く農園の挑戦 三浦の農業女子・山田靖子さん
TOPICS

ちがさき牛の美味しいレシピを伝授 ふるさとの生活技術指導士・齋藤和子さん

神奈川県では、地域の食材を生かした郷土料理など、農家に伝わる伝統的な生活文化の継承活動を実施している方を「ふるさとの生活技術指導士」として認定しています。
この度、令和2年度に新たに認定された齋藤和子さんにお話を伺いました。

大繁盛の直売所を営む小俣シゲ子さんの「若い人に伝えたいこと」- 女性農業者活躍表彰受賞者インタビュー -
TOPICS

JAはだの 女性はスタンプに弱い!? 参加で貯まるポイントカード制度

JAはだの女性部は2020年5月から、「ポイントカード」を始めました。活動に参加することでポイントが貯まる仕組みで、多くの部員にJA関連の活動に参加する意義やメリットを感じてもらうことを目的としています。

MEMBER / 女性農業者紹介

SNS