かながわ労働センターの労働相談

掲載日:2018年2月5日

労働関係や賃金・労働時間等の労働条件、解雇などの労働問題、働くこと、雇うことに関するトラブルが円満に解決され、合理的な労使関係が確立できるように中立的な立場から問題点を整理し、法律や判例の考え方を説明したり、具体的な解決方法や解決に至る道筋を助言します。はたラッコ1

○かながわ労働センター案内リーフレット(平成29年度版)

相談 本所 川崎支所 県央支所 湘南支所
一般労働相談

8時30分から17時15分

8時30分から17時15分

8時30分から17時15分

8時30分から17時15分

出張労働相談 9時から17時 - 9時から16時 9時から17時
日曜労働相談 9時から17時 - - -
夜間労働相談

毎火曜

17時15分から19時30分

- - -
女性のための労働相談

(女性職員)

第1・2・3・5金曜

8時30分から17時15分

(女性弁護士)

第4金曜

13時から16時

-

(女性弁護士)

第3木曜

13時から16時

-
外国人労働相談 中国語

毎金曜

13時から16時

- - -
スペイン語

第2・4水曜

13時から16時

-

毎木曜

13時から16時

-
ポルトガル語 - -

毎月曜

13時から16時

-
弁護士労働相談

第1・3・5火曜

13時30分から16時30分

毎月第4火曜

14時から17時

毎月第3水曜

14時から17時(3月は第4木曜日)

毎月第2水曜

14時から17時

(5・9・1月は小田原合同庁舎で実施)

働く人のメンタルヘルス相談

第1・2・3・4火曜

13時30分から16時30分

- - -
街頭労働相談
メール労働相談

一般労働相談

労働に関する労使間のトラブルや疑問などの解決に向け、かながわ労働センター職員がアドバイスします。

出張労働相談

本所・各支所の通常の窓口に加えて、最寄りの場所においても曜日を特定して、職員による出張労働相談を実施しています。

日曜労働相談

毎週日曜日、かながわ労働センターでは、本所において職員による労働相談を実施しています。

夜間労働相談

かながわ労働センター(本所)では、日中の相談が困難な方に、毎週火曜日は労働相談時間を延長して相談に応じます。

女性のための労働相談

働く女性が職場で直面するさまざまな労働のトラブルや疑問に女性相談員がお応えします。女性弁護士による相談もあります。

外国人労働相談

外国人労働者の方々の賃金や労働条件など、働く上でのトラブルについて、大学教員、弁護士等の専門相談員と通訳が対応します。中国語やスペイン語、ポルトガル語での相談をお受けしています。

弁護士労働相談

労働問題に関する高度な法律問題について、専門の弁護士が相談に応じます。

働く人のメンタルヘルス相談

職場の悩みや心身の不調について、専門のカウンセラーが相談に応じます。

街頭労働相談

駅前広場等で、職員等による労働相談等を実施しています。

メール労働相談

神奈川県内在勤又は在住で、来所・電話での相談が困難な方を対象に、職員がメールでの労働相談にお応えしています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。