ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物

掲載日:2014年4月10日

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は水にきわめて溶けにくく、沸点が高いなどの物理的な性質を有する主に油状の物質です。熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定していることから、トランスやコンデンサ等の電気機器の絶縁油、熱媒体として使用されていました。
 しかし、昭和43年に発生した「カネミ油症事件」により、発ガン性の疑いがあり、皮膚障害を引き起こすことが判明したため、昭和47年に製造中止となりました。


PCB廃棄物の保管状況等各種届出

PCB廃棄物を保管する場合は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に基づく届出が必要です。
  毎年6月30日までに提出する保管状況等届出や、保管場所を変更した場合の変更届の提出が義務づけられています。

微量PCB廃棄物について

微量PCB汚染廃電気機器等

平成14年7月の国の調査により、PCBの製造中止以降に製造され、PCBを使用していないとされている電気機器の中にも、製造工程における混入等により、数mg/kgから数十mg/kg程度のPCBに汚染されたものが存在することが判明しました。
 これら微量PCBで汚染された電気機器等については、平成21年11月に無害化処理の対象に追加されたことから、国が認定した施設等で処理が行われています。

微量PCBの分析

PCBに汚染されているおそれがあるものの、銘板等からではPCB含有を確認できない電気機器等については、廃棄する前に濃度分析を行う必要があります。なお、PCB含有の疑いがある機器もPCB廃棄物と同様に適正に保管してください。

  • 分析のご相談 神奈川県環境計量協議会 電話 045-790-5280

関連リンク

 ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)

環境省

PCB廃棄物の処理について

PCBを含む電気機器への対応情報

PCB使用照明器具の点検・判別

電気事業法/電気関係報告規則に基づくPCB電気工作物の使用等の届出


アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 資源循環推進課 です。