神奈川県内のPCB廃棄物等の保管量、所有量及び処分見込量(令和2年3月31日現在)

掲載日:2021年5月13日

令和2年3月31日現在の県内のPCB廃棄物等の保管量、所有量、処分見込量は次のとおりです。

集計方法

PCB特別措置法及び電気事業法の届出情報をもとに集計しました。(ただし、電気事業法による届出のうち、電力会社による柱上変圧器(柱上トランス)は含まれません。)

PCB廃棄物の種類は、PCB特別措置法に基づく届出書の記入要領に示す「廃棄物の種類」及び「製品の種類」を整理し、以下のとおり分類しました。
(1)変圧器(トランス) (2)コンデンサー(3kg以上) (3)コンデンサー(3kg未満)
(4)柱上変圧器(柱上トランス) (5)安定器 (6)PCBを含む油 (7)感圧複写紙 (8)ウエス
(9)OFケーブル (10)汚泥 (11)塗膜 (12)その他の機器 (13)その他

(1)変圧器(トランス)、(2)コンデンサー(3kg以上)、(3)コンデンサー(3kg未満)、(4)柱上変圧器(柱上トランス)、(5)安定器及び(12)その他の機器について、ドラム缶等の容器にまとめて保管している場合等、台数で計上されていないものについては、事業場数のみ計上しています。

(6)PCBを含む油、(7)感圧複写紙、(8)ウエス、(9)OFケーブル、(10)汚泥及び(11)塗膜については、体積で計上されたものは1L=1kgとして集計し、容器数等それ以外の単位で計上されているものについては、事業場数のみ計上しています。

届出時に台数の情報がなく重量等の情報が記載されている場合は、以下のとおり集計しています。

(1)変圧器(トランス) 1,600kg/台、(2)コンデンサー(3kg以上) 54kg/台、(3)コンデンサー(3kg未満)0.26kg/台又は0.28ℓ/台又は0.002缶/台、(5)安定器 2.80kg/台又は1.9ℓ/台又は0.01缶/台

電気事業法によるコンデンサーは重量による区分がないため、すべて(2)コンデンサー(3kg以上)としました。また、電気事業法では濃度不明の区分はありません。

PCB廃棄物等の状況(高濃度)

 
廃棄物等の種類 PCB特措法の届出 電気事業法の届出 処分見込量
廃棄物 使用中の製品
事業場数 保管量(A) 事業場数 所有量(B) 事業場数 所有量(C) A+B+C
(1)変圧器(トランス) 15 110台

7

13台 2 3台 126台
(2)コンデンサー(3kg以上) 463 4,866台 55 146台 87 130台 5,142台
(3)コンデンサー(3kg未満) 200 211,294台 4 39台 - - 211,333台
(4)柱上変圧器(柱上トランス) - - - - - - -
(5)安定器 689 297,805台 88 9,619台 - -

307,424台

(6)PCBを含む油 67 291,299kg 1 0kg - -

291,299kg

(7)感圧複写紙※) 9 892kg 0 0kg - - 892kg
(8)ウエス※) 113 9,899kg 1 11kg - - 9,910kg
(9)OFケーブル - - - - - - -
(10)汚泥 12 6,444kg 1 23kg - - 6,467kg
(11)塗膜 1 5kg 0 0kg - - 5kg
(12)その他の機器 26 15,335台 2 6台 1 2台 15,343kg
(13)その他 173 149,063kg 1 250kg - - 149,313kg

 

PCB廃棄物等の状況(低濃度) 

 
廃棄物等の種類 PCB特措法の届出 電気事業法の届出 処分見込量
廃棄物 使用中の製品
事業場数 保管量(A) 事業場数 所有量(B) 事業場数 所有量(C) A+B+C
(1)変圧器(トランス) 655 1,870台 621 1,873台 1,095 2,703台 6,445台
(2)コンデンサー(3kg以上) 264 1,173台 57 153台 32 106台 1,433台
(3)コンデンサー(3kg未満) 84 3,417台 12 34台 - - 3,451台
(4)柱上変圧器(柱上トランス) 9 63,368台 4 6台 2 12台 63,386台
(5)安定器 68 10,979台 - - - - 10,979台
(6)PCBを含む油 225 6,538,011kg 7 278kg - - 6,538,289kg
(7)感圧複写紙 18 56,826kg 0 0kg - - 56,826kg
(8)ウエス 193 23,765kg 1 0.1kg - - 23,765kg
(9)OFケーブル 23 1,180,888kg 2 0kg 0 0kg 1,180,888kg
(10)汚泥 12 109,548kg 0 0kg - - 109,548kg
(11)塗膜 23 48,040kg 4 3,940kg - - 51,980kg
(12)その他の機器 97 1,740台 60 190台 77 228台 2,158台
(13)その他 323 3,678,050kg 14 18,937kg - - 3,696,987kg

 

PCB廃棄物等の状況(濃度不明) 

 
廃棄物等の種類 PCB特措法の届出 処分見込量
廃棄物 使用中の製品
事業場数 保管量(A) 事業場数 所有量(B) A+B
(1)変圧器(トランス) 31 77台 21 49台 126台
(2)コンデンサー(3kg以上) 45 169台 40 94台 263台
(3)コンデンサー(3kg未満) 27 625台 6 17台 642台
(4)柱上変圧器(柱上トランス) 1 3台 0 0台 3台
(5)安定器 73 15,718台 20 3,469台 19,187台
(6)PCBを含む油 12 541kg 1 0kg 541kg
(7)感圧複写紙 5 330,624kg 0 0kg 330,624kg
(8)ウエス 13 177kg 0 0kg 177kg
(9)OFケーブル 0 0kg 0 0kg 0kg
(10)汚泥 2 25kg 0 0kg 25kg
(11)塗膜 0 0kg 0 0kg 0kg
(12)その他の機器 10 17台 14 91台 108台
(13)その他 20 23,446kg 0 0.122kg 23,446kg

 

高濃度PCB廃棄物等の年度別の処分見込量

主な高濃度PCB廃棄物等の年度別の処分見込量は以下のとおりとなります。

なお、(3)コンデンサー(3kg未満)及び(5)安定器については、1台それぞれ0.26kg、2.80kgとして重量に換算し、(8)ウエス及び(10)汚泥と合わせて単位はt(トン)としました。

 
廃棄物等の種類 処分見込量 実績1) 年度別処分見込量
R2 R3 R4 R5
2020 2021 2022 2023
(1)変圧器(トランス) 126台 12

114

0 -
(2)コンデンサー(3kg以上) 5,142台 1,923 3,219 0 -
(6)PCBを含む油 291,299kg 291t 108 183 0 -
(3)コンデンサー(3kg未満) 211,333台 55t 933t 234 241 458 0
(5)安定器 307,424台

861t

(7)感圧複写紙 892kg
(8)ウエス2) 9,910kg
(10)汚泥2) 6,467kg

1) R2年度は、高濃度PCB廃棄物の処分業者である中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)における処分実績値です。

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa