道志ダム(どうしダム)

掲載日:2020年3月18日

道志ダムの画像

道志ダム

道志ダムは、戦後の都市の人口増加と産業の振興による水道用水、発電用水やかんがい用水を確保することを目的に、相模川河水統制事業の増強事業として計画され、昭和30年(1955年)に完成しました。

諸元

水系 相模川水系
河川 道志川
貯水池 奥相模湖
位置 左岸:神奈川県相模原市緑区牧野
右岸:神奈川県相模原市緑区青根
完成年 1955年
目的 発電
形式 重力式コンクリートダム
堤高 32.8メートル
堤頂長 74.0メートル
ゲートの種類 ローラーゲート
集水面積 112.5平方キロメートル
湛水面積 0.14平方キロメートル
総貯水容量 1,525立方メートル
有効貯水容量 616,100立方メートル
常時満水位 標高314.0メートル
利用水深 5.0メートル
洪水流量 毎秒90立方メートル

関連施設等

関連発電所

その他のダムや堰

企業庁のダムのページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa