食品ロス削減推進の取組みについて

掲載日:2021年10月7日

お知らせ

10月は「食品ロス削減月間」、10月30日は「食品ロス削減の日」です。
食べられるのに捨てられてしまう食品を減らしましょう。

※食品ロス削減月間のポスターはこちら(PDF:3,493KB)

※消費者庁のホームページはこちら

目次

  1. 食品ロスとは?なぜ削減が必要なの?
  2. 食品ロスの現状
  3. 神奈川県食品ロス削減推進計画(策定中)
  4. 食品ロス削減推進のための本県の取組み
  5. フードバンク・フードドライブ活動の情報提供
  6. 食品ロス削減推進のための国の補助制度等
  7. その他

1.食品ロスとは?なぜ削減が必要なの?

食品ロスとは、本来食べられるにも関わらず廃棄される食べ物のことで あり、我が国においては、食品の生産、製造、販売、消費等の各段階で日常的に大量の食品ロスが発生し、食料資源の過剰な利用や経済的損失が生じています。

また、食品の生産から廃棄に至る各過程では、エネルギーを消費して二酸化炭素を排出しており、食品ロスは、地球温暖化の一因にもなっています。

食品ロスの削減は、世界に栄養不足の状態にある人々が多数存在する中で、とりわけ大量の食料を輸入し、食料の多くを輸入に依存している我が国として、真摯に取り組むべき課題であるとともに、2015年9月の国際連合総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に基づく「持続 可能な開発目標(SDGs)」では、ターゲットの1つに「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる」と設定されるなど、国際的にも重要な課題となっています。

全国有数の事業所数と人口を抱え、大都会のみならず、多様な自然と文化を持ち、まさに日本の縮図とも言える特性を持つ本県においても、食品ロスの削減は率先して取り組むべき課題であります。
本県では、これまで、食品ロス削減対策を「循環型社会づくり計画」や 「食育推進計画」等に位置付けて、取組を推進してきました。

また、国においても、国、地方公共団体、事業者、消費者等の多様な主体が連携し、国民運動として食品ロスの削減を推進するため、2019年5月に「食品ロスの削減の推進に関する法律」(以下「食品ロス削減推進法」と いう。)が制定されるとともに、2020年3月には、同法第11条の規定に基づく「食品ロスの削減に関する基本的な方針」が閣議決定され、食品ロスの 推進の意義及び基本的な方向、その他食品ロスの削減の推進に関する重要 事項が定められました。

こうした状況を踏まえ、本県では現在、食品ロスの削減を総合的かつ計画的に推進するため、「神奈川県食品ロス削減推進計画」の策定を検討しています(令和4年3月策定予定)。

同計画策定後は、同計画に基づき、消費者、事業者、NPO等の関係団体、行政等の多様な主体が連携・協働して、本県の現状や特性に応じた取組を実施し、 食品ロスの削減をより一層推進していきます。

2.食品ロスの状況

全国の食品ロスの状況

食品ロスの発生量は、国全体で600万トン(2018年度推計)と推計され、国民1人当たり1日約130g、年間約47kg発生しています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(2019年で年間約420万 トン)の1.4倍に相当します。

発生量の内訳は、家庭系食品ロスが276万トン、事業系食品ロスが324万トンと推計されています。また、事業系食品ロスの業種別の内訳をみると、食品製造業と外食産業がそれぞれ約4割を占めています。 主な発生要因としては、食品製造・卸売・小売業では「規格外品」、「返品」、「売れ残り」、外食産業では「作りすぎ」、「食べ残し」等が挙げられます。

また、家庭系食品ロスの内訳は、「直接廃棄(未開封の食品、未加工の食材等)」、「過剰除去(過剰に除去された可食部分)」、「食べ残し(開封済の食品、加工済の食材等)」となっています。
参考:食品ロス量(平成30年度推計値)の公表(農林水産省ホームページ)

本県の食品ロスの状況

実績年度
本県の食品ロスの発生量の推計値
家庭系※1
事業系※2
合計
2018年(平成30年)
22.2万t(詳細[PDF/54KB] 27.7万t 49.9万t
推計資料[PDF/100KB]
2019年(令和元年)
21.1万t(詳細[PDF/97KB]    
 

※1 家庭系食品ロスの発生量の推計方法

家庭から排出される食品廃棄物に占める食品ロスの調査マニュアル( H30.3 神奈川県ごみ処理広域化推進会議)に基づき推計

※2 事業系食品ロスの発生量の推計方法

食品リサイクル法に基づく多量発生事業者の定期報告の都道府県別集計結果(農林水産省公表)等から推計

3.神奈川県食品ロス削減推進計画(策定中)

本県では現在、食品ロスの削減を総合的かつ計画的に推進するため、「神奈川県食品ロス削減推進計画」の策定を検討しています(令和4年3月策定予定)。

同計画策定後は、同計画に基づき、消費者、事業者、NPO等の関係団体、行政等の多様な主体が連携・協働して、本県の現状や特性に応じた取組を実施し、 食品ロスの削減をより一層推進していきます。

4.食品ロス削減推進のための本県の取組み

本県における、食品ロス削減推進のための主な取組みをご紹介します。

「てまえどり」の呼びかけ

 県民誰もがすぐに始められる食品ロス対策である、「てまえどり」※1をみなさんに知っていただき、協力を呼びかけるための店舗用掲示物を作成しましたのでお知らせします。

※1 「てまえどり」とは

食品小売店舗などを利用する消費者が、買ってすぐに食べるなら、商品棚の手前にある商品を積極的に選ぶ、エシカル消費※2(社会や環境に配慮した購買行動)の1つ。

※2 エシカル消費の説明や情報はこちら

フードドライブ活動 

3010(さんまるいちまる)運動

3010運動は、宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーンです。
<乾杯後30分間>は席を立たずに料理を楽しみましょう、
<お開き10分前>になったら、自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう、
と呼びかけて、食品ロスを削減するものです。

職場や知人との宴会から始めていただき、一人ひとりが「もったいない」を心がけ、楽しく美味しく宴会を楽しみましょう。

関連リンク

家庭から排出される食品廃棄物に占める食品ロスの調査マニュアルの作成(平成30年3月)

県と県内市町村で構成する神奈川県ごみ処理広域化推進会議において、県で統一した調査方法の検討を行い、作成しました。

かなチャンTV「食材を使い切って勝ち残れ!CREATIVE COOKING BATTLE 県庁チーム参戦!」

食品ロスの削減に向けた活動の一環として、料理レシピサイトを運営するクックパッド株式会社を中心としたCCB実行委員会が開催した「クリエイティブ クッキング バトル」に県庁チームが参加しました。 
環境農政局長以下、4名で参加した様子をかなチャンTVで公開しています。

ccb

5.フードバンク・フードドライブ活動の情報提供

フードバンク活動とは

「フードバンク活動」とは、食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する活動です。

「フードバンク活動」には、食品ロスの削減と、生活に困っている人への支援という2つの意義があり、「誰一人取り残さない社会」の実現というSDGsの理念にもつながる活動です。

フードドライブ活動とは

「フードドライブ活動」とは、学校や職場、グループ等、様々な機関・団体が拠点となり、一般家庭にある未利用食品を集め、集まった食品をフードバンク団体や福祉施設等に寄付する活動です。

県内では、食品ロスの削減だけでなく、生活困窮者等への支援として、NPOや市町村等を中心にフードドライブ活動が行われていますが、活動の認知度が低いことが課題となっています。

県内の取組み事例紹介

各活動の窓口となる団体等をご紹介いたします。

(本ホームページへの掲載の了解が得られた団体等から順次掲載します。)

フードバンク活動
フードドライブ活動

関連リンク

こちらのページでも、県内のフードバンク及びフードドライブの情報を提供しています。

フードバンクへの寄附に係る税制上の取扱いについても記載があります。

6.食品ロス削減推進に関連した国の補助事業等

食品ロス削減推進に取り組む団体・企業が活用できる国の補助制度等の情報をご案内します。

詳しくは、以下のリンクより国のホームページをご確認ください。

食品関連事業者や、フードバンク団体等を対象とした農林水産省の補助事業等のご紹介

企業等がフードバンクに寄付した場合、食品の提供に要する費用は、その提供時の損金の額に算入することが認められる場合があります。

7.その他

関連リンク

食品リサイクル

食品リサイクル法については、次のページをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。