湘南家畜保健衛生所

掲載日:2020年6月1日

家畜保健衛生所は、地域における家畜衛生の向上を図るため、県内2か所に設置されています。
湘南家畜保健衛生所は、管内の家畜伝染病予防、家畜衛生向上、獣医師法に関する業務を行っています。 

家畜の写真

新着情報

  • 県内初となるCSF(豚熱)感染野生いのししが確認されました。本県では全ての養豚場での予防的ワクチン一斉接種を実施済です。CSF(豚熱)は豚やいのししの病気で人に感染することはありません。感染豚の肉が市場に出回ることはありませんが、仮にCSF(豚熱)にかかった豚の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。
2020年6月1日 家畜保健衛生だより第4号「全ての家畜の所有者の皆様に「飼養衛生管理者」を選任することが義務付けられました」新規
2020年5月11日

相模原市におけるCSF(豚熱)感染野生いのししの確認について(第1報)新規

相模原市におけるCSF(豚熱)感染野生いのししの確認について(第2報)

 
2020年5月8日 BSE(牛海綿状脳症)サーベイランス結果について
2020年5月8日 家畜保健衛生だより第3号「今年度の腐そ病検査について」
2020年5月7日 家畜保健衛生だより第2号「CSF発生予防対策の徹底について」
2020年3月11日 高病原性鳥インフルエンザのモニタリング検査の結果について(当所管内)
2020年2月26日 家畜保健衛生だより
2020年2月13日 BSE(牛海綿状脳症)サーベイランス結果について
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa