「未病改善」でスマイルエイジング!

掲載日:2018年12月28日

人生100歳時代を迎える中、子どもから高齢者まで、県民の皆様一人ひとりが笑顔で健康的に生き生きと暮らせる社会を実現するためには、「食」「運動」「社会参加」の3つを要素とする未病改善の取組みが重要です。

未病とは?

人の心と体の状態は、「ここまでが健康、ここからが病気」と明確に区別できるものではありません。健康と病気の間を行ったり来たり、日々、連続的に変化しています。この変化している過程を「未病」と言います。

そして、全ての世代が未病を自分のこととして考え、日々の生活習慣の改善等により、心身をより健康な状態に近づけていくことが、「未病改善」です。

明確に区別できるものではない

「健康」と「病気」がはっきり区別されているイメージ画像

健康と病気の間を連続的に変化する状態が「未病」

「健康」と「病気」があいまいで、その部分が「未病」になっているイメージ画像

未病の改善-未病改善に向けて

神奈川県では、人生100歳時代に向けた「スマイルエイジング」の実現を目指すため、「食」「運動」「社会参加」の3つをキーワードに、未病改善の取組みを進めています。

「食」は、毎日の食生活を見直し、健康的な食生活へ改善すること。オーラルフレイル(注釈)対策も重要です。
(注釈)心身の機能の低下につながる口腔機能の虚弱な状態

「運動」は、日常生活にスポーツや運動を取り入れること。質の高い睡眠も重要です。

「社会参加」は、ボランティアや趣味の活動等で他者と交流し、社会とのつながりを持つこと。ボランティア活動をしている人のほうが、より自立度が高いというデータも、人との交流が健康的な暮らしをもたらすということを証明しています。

未来に向けて一歩ずつ、今から取り組みましょう!

未病改善に向けた3つの取組

3torikumi

かながわ未病改善宣言に基づく3つの取組み

ボランティア活動の有無と自立率

ボランティア活動の有無と自立率のグラフ画像

出典: 東京都健康長寿医療センター研究所長期継続研究(TMIG-LISA)

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる