【青少年センター】ひきこもり・不登校等で悩んでいる方への情報

掲載日:2018年8月11日

相談したい

かながわ子ども・若者総合相談センター

 子ども・若者(おおむね30代まで)が抱える様々な悩みについての一次相談窓口です。教育・福祉・警察等の職員の他に、臨床心理士、精神保健福祉士、社会福祉士、キャリアカウンセラー等が相談をお受けしています。
 また、ひきこもり・不登校・非行等の青少年支援団体で活動経験が豊かなNPO相談アドバイザーにも相談できます。

電話・面接相談

電話番号 045-242-8201(相談専用、直通)

  • 火曜日から日曜日 午前9時から12時、午後1時から4時
  • 月曜日、年末年始(12月28日から翌年の1月4日)を除き、土曜日、日曜日、祝日も相談を受け付けています。
  • 相談の電話が混み合っていて話し中の場合は、時間をおいてから電話をおかけなおしください。
  • 面接相談はまず電話で相談し、面接相談の日時を予約してください。

県西部青少年サポート相談室

NPO法人子どもと生活文化協会と県が協働して、県西部地域に開設した相談窓口です。

湘南、県央地域における青少年相談窓口

NPO法人と県が協働して、地域に開設した相談窓口です。(厚木市、伊勢原市に開設)

神奈川地域青少年サポート相談室(秦野)について

神奈川県がNPO法人子どもと生活文化協会と協働で秦野市に開設していた相談窓口は、平成30年度より、秦野市とNPO法人子どもと生活文化協会の協働事業に移行しました。

悩みを抱えている子ども・若者相談会(地域相談会)

不登校やひきこもり、就労関係などの悩みを抱える10代から30代までの方や、そのご家族を対象とした県内の地域での相談会です。

知りたい・学びたい

研修風景イラスト

ひきこもりを考える家族セミナー

ひきこもっている家族について、どう理解し、どう向き合ったら良いかを、専門家や支援者の話から学び理解を深める、家族向けのセミナーです。

ひきこもり地域青少年支援フォーラムと個別相談会

ひきこもりについて学ぶと共に、公的機関や民間団体に個別に相談することができる相談会です。ひきこもり体験者の体験談なども聞くことができます。

ひきこもり地域理解促進事業 実施一覧(NPOとの共催による講演会)

平成30年度実施事業

ひきこもりサポート冊子

ひきこもりで困っているご本人やご家族向けに作ったパンフレットです。

コミュニケーションに自信がない方(コミュニケーション・人間関係講座)

よりよい人間関係・コミュニケーション能力を学びたい、身に付けたいと思っている青少年を対象とした講座です。

子ども・若者を理解するための講演会

子ども・若者が抱える悩みや、その背景となる社会環境などをテーマとして取り上げる講演会です。

青少年サポートプラザ 情報コーナー(県立青少年センター2階)

 ひきこもり、不登校、非行など、青少年を取り巻く問題に関する情報を提供しています。民間の青少年支援団体情報、イベント情報などのチラシやパンフレットなどを、どなたでもご覧いただけます。

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる