神奈川県気候変動適応センター

掲載日:2019年4月1日

 県では、平成31年4月に、気候変動適応法に基づき、地域気候変動適応センターとしての機能を環境科学センターに位置付けました。

気候変動への適応とは?

近年、気温の上昇、大雨の頻度の増加や、農作物の品質低下、熱中症リスクの増加など、気候変動及びその影響が全国的に現れているとされています。今後、温室効果ガス(二酸化炭素等)の排出が主な要因である地球温暖化等の気候変動に伴い、猛暑や豪雨等のリスクは更に高まることが予測されています。

 これら気候変動に対処し、生命・財産を将来にわたって守るためには、温室効果ガスの排出削減に全力で取り組むとともに、「気候変動への適応」に多様な関係者の連携・協働の下、取り組むことも一層重要となります。「気候変動への適応」とは、現在生じている、また将来予測される気候変動による被害の防止・軽減等を図ることをいいます。 

神奈川県気候変動適応センターの役割

 気候変動の影響は、産業や社会的な状況などの違いにより、地域ごとに異なるため、気候変動への適応を推進するには、地域の実情に応じて、きめ細かに対応することが重要です。

 神奈川県気候変動適応センターは、地域における気候変動影響や適応に関する情報の収集・提供等の拠点となるものです。

神奈川県気候変動適応センターの役割と機能のイメージ

【参考】神奈川県気候変動適応センターの役割イメージ

具体的な取組

 神奈川県気候変動適応センターでは、地域における気候変動影響や適応に関する情報を、「収集・整理」、「分析」し、「提供」していきます。

 今後、地域や事業者の皆様、大学等研究機関、市町村等の幅広い方々から、気候変動影響や適応に関する情報を収集し、ホームページ等を通して提供していきますので、ご協力をお願いします。

情報収集・整理

  • 気候等の実態に関する情報(例:年平均気温、強雨頻度等)
  • 気候変動影響との関連が考えられる情報(例:熱中症救急搬送者数)
  • 地域における適応の優良事例

分析

  • 気候等の将来予測(例:気温上昇、降水量等)
  • 気候変動影響予測(例:農作物等への影響、河川流量)

収集、分析した情報の提供等

  • ホームページによる情報発信等

参考情報(リンク)

気候等の実態に関する情報

気候等の将来予測に関する情報

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。