更新日:2020年8月31日

ここから本文です。

気候変動に関連する調査研究

気候変動に関連する論文や報告

環境科学センター

著者 論文名 掲載誌
坂本広美 大気汚染常時監視測定局におけるメタンガス濃度の長期的な変化(PDF:216KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,41,42-43(2018)
坂本広美 相模湾における経年的な海水のpHの測定状況(PDF:190KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,41,44-45(2018)
横島潤紀 神奈川県内における気温観測調査について(PDF:629KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,36,45-50(2013)
渡辺一法、中田康博 温暖化観測指標等に関する調査研究(PDF:839KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,35,35-42(2012)
池貝隆弘 巻き付き登攀型壁面緑化のヒートアイランド緩和効果の検証(PDF:496KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,32,50-55(2009)
佐藤裕崇、池貝隆弘 相模原市におけるヒートアイランドの形成・消滅過程(第2報)(PDF:550KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,32,88-93(2009)
小田匠、池貝隆弘 藤沢市におけるヒートアイランドの形成・消滅過程(PDF:860KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,32,94-99(2009)
小塚広之、池貝隆弘 秦野市におけるヒートアイランドの形成・消滅過程(PDF:563KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,32,100-105(2009)
池貝隆弘 相模原市におけるヒートアイランドの形成・消滅過程(PDF:224KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,31,59-65(2008)
池貝隆弘、原田進、内藤智子、斉藤邦彦、石井進、堀江裕一 アサガオを用いた壁面緑化の効果測定(PDF:378KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,31,86-89(2008)
塩沢俊克、大塚定男、相原敬次 神奈川県内の大気中二酸化炭素濃度の現状(PDF:867KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,28,73-77(2005)
武藤健一郎、青山尚已 アンケート調査から推計した神奈川県におけるCO2削減可能量の検討 神奈川県環境科学センター研究報告,25,53-63(2002)
相原敬次、阿相敏明、鈴木正明、藤沼康実(国立環境研究所) 神奈川県における温室効果ガスとしての二酸化炭素濃度の鉛直構造について(PDF:961KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,25,64-72(2002)
遠藤正士,本多久男 神奈川県のCO2,CH4,N2Oの排出量の推計(PDF:924KB) 全国公害研会誌,25(3),45-51(2000)
安田憲二 温室効果ガスの排出量削減に関する最近の動向 安全工学,38(5),312-319(1999)
相原敬次、阿相敏明、鈴木正明、片桐佳典、藤沼康実(国立環境研究所) 神奈川県上空大気中における温室効果ガスとしての二酸化炭素濃度の測定(PDF:327KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,21,12-17(1998)
安田憲二 廃棄物の焼却にともなう温室効果ガスの排出状況(PDF:729KB) 廃棄物学会誌,8(6),432-437(1997)
鈴木正明 都市大気中における二酸化炭素濃度の変動(PDF:396KB) 神奈川県環境科学センター研究報告,16,8-13(1993)

※論文のPDFファイルは、各掲載誌に掲載されたものであり、論文の著作権は、掲載誌を発行する学会等に帰属します。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 環境科学センターです。