更新日:2022年3月25日

ここから本文です。

気候変動への適応とは?

気候変動の影響への対策である「適応」について、説明します。

 近年、気温の上昇、大雨の頻度の増加や、農作物の品質低下、熱中症リスクの増加など、気候変動及びその影響が全国的に現れています。地球温暖化等の気候変動の主な要因は、温室効果ガス(二酸化炭素等)の排出ですが、今後、猛暑や豪雨等のリスクが更に高まることが予測されています。

 これら気候変動に対しては「緩和」と「適応」の2つの対策が必要です。

緩和とは?適応とは?

イラスト出典:気候変動適応情報プラットフォーム

 「緩和」とは、再生可能エネルギーの導入や省エネルギー対策による温室効果ガスの排出削減、森林等の吸収源の増加などによって、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を抑制し、気候変動を防止するための取組をいいます。

 「適応」とは、既に現れている、あるいは、中長期的に避けられない気候変動の影響に対して、自然や人間社会の在り方を調整し、被害を最小限に食い止めたり、逆に気候の変化を利用するための取組をいいます。

 気候変動に対処し、生命・財産を将来にわたって守るためには、温室効果ガスの排出削減などの「緩和」に全力で取り組むとともに、地域の多様な関係者の連携・協働の下、「適応」に取り組むことも一層重要となります。

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 環境科学センターです。