大気環境・騒音振動・悪臭メニュー

掲載日:2019年11月6日

トピックス

令和元年台風第19号による災害に係る対応について

  • 令和元年台風第19号については、その被災状況等に鑑み、被災者の権利利益の保全等を図るため、特定非常災害の被災者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律(以下、「法」)に基づく特定非常災害に指定されたところです。この法に基づき、フロン排出抑制法、大気汚染防止法、騒音規制法、振動規制法及びダイオキシン類対策特別措置法については、届出等の義務が期限内に履行されなかった場合であっても、令和2年1月31日までに履行された場合は、当該不履行に係る行政上及び刑事上の責任は問われないこと等の措置が施行されました。免責対象となる義務等については、環境省から以下のとおり示されています。

  各法令の対象事務について(PDF:76KB)

  • 建築物等が損壊等した場合には、吹付け石綿などの発じん性の高い建材からアスベストが飛散するおそれがあります。建物の所有者・管理者の方は、アスベストが使用されている建物が損壊等している場合、シートによる養生などの適切な措置を行い、アスベストの飛散防止に努めるようお願いします。また、解体等工事の受注者におかれましては、現場に立入が可能な場合は平常時と同様、事前調査を行い、特定建築材料からの飛散防止措置を講ずること、立入が不可の場合については散水などによる「注意解体」の飛散防止措置を講ずるようお願いいたします。

  建築物等の解体、改造、改修等を行う際のアスベストに関する注意点

冬季における大気汚染対策のページへ

冬季は大気がよどみやすく、また、交通量の増加や事業所等での暖房機器(ボイラーなど)の使用などにより、PM2.5(微⼩粒⼦状物質)の原因物質である窒素酸化物(NOx)の濃度が⾼くなる傾向があります。そこで、神奈川県では、NOxの濃度が高くなる期間(11月から1月)に合わせ、九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)及び山梨県・静岡県とともに、大気汚染物質削減のために身近な取組を実践していただくよう県民及び事業者に対して呼びかけています。

提供情報

大気環境(現在の大気環境測定状況等) / 大気関係規制 / PM2.5対策 / VOC対策 / ガソリンベーパー対策 / 光化学緊急時措置 / アスベスト(石綿)対策 / 水銀大気排出対策 / フロン排出抑制法 / 騒音・振動 / 悪臭 / 関連情報


大気環境

現在の大気環境測定状況

過去の大気汚染常時監視測定結果・有害大気汚染物質モニタリング調査結果

過去の測定結果は、次の資料をご覧ください。(環境科学センターのページにリンクしています。)

年度 資料
平成30年度 記者発表資料  
平成29年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成28年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成27年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成26年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成25年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成24年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成23年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成22年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成21年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成20年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成19年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成18年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成17年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成16年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成15年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成14年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成13年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染
平成12年度 記者発表資料 神奈川の大気汚染

平成11年度以前の測定結果(神奈川の大気汚染)

このページの先頭へもどる


大気汚染物質排出量調査

 

冬季における大気汚染対策について

―神奈川県での取り組み等を掲載しています―

大気関係規制

神奈川県における大気関係の規制について

―神奈川県の大気関係規制の概要等を掲載しています―

東日本大震災の被災地における防じんマスクの着用について

被災地においてボランティア活動等される場合には、アスベスト等の粉じんのばく露が懸念されるため、防じんマスクを持参のうえ、被災地での活動をお願いします。
なお、防じんマスクの正しい着用方法については、次のファイルを参照ください。

このページの先頭へもどる


水銀大気排出対策について(平成30年4月施行)

 平成25年10月、水銀による地球規模での環境汚染を防止することを目的とする「水銀に関する水俣条約」(以下「条約」という。)が採択され、我が国は平成28年2月2日に締結しました。

 条約の採択を受けて、水銀等の大気中への排出を規制するための大気汚染防止法の一部を改正する法律が平成27年6月19日に公布されました。条約の発効が平成29年8月16日となりましたので、施行日は平成30年4月1日に決定しました。

 改正法の詳細については、次のリーフレット及び環境省のホームページをご覧ください。

 水銀大気排出規制がはじまります!(リーフレット)(PDF:246KB)

 なお、水銀排出施設を設置(すでに設置されているものを含む)する際の手続きについてはこちらをご覧ください。

 大気汚染防止法(水銀排出施設)に関する手続き

水銀測定法等に関する説明会の開催について

環境省において、水銀測定に関する具体的な内容及び測定に係るよくある問合せ(FAQ)等に焦点を当てた説明会が開催されます。

詳細については環境省のホームページでご確認ください。

 水銀大気排出規制に係る水銀測定法等に関する説明会の開催について(環境省報道発表資料)

【環境省ホームページ】
 ・水銀大気排出対策
 ・水銀大気排出規制に関する主な質疑応答(別ウインドウで表示します。)
 ・日本政策金融公庫による融資制度について(別ウインドウで表示します。)

悪臭

悪臭問題の解決に向けて-神奈川県の悪臭に関する規定又は防止の取組について掲載しています。

このページの先頭へもどる


 環境省では、住みよいかおり環境を創出しようとする地域の取り組みを支援するため、「かおりの樹木・草花」を用いた「みどり香るまちづくり」の優れた企画を表彰するコンテストを平成18年度より実施しています。

 第14回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの募集が始まります。

 募集期間 令和元年5月20日(月)から9月13日(金)まで

 応募先 公益社団法人におい・かおり環境協会

 詳細は上記のページを御確認ください。

音声読み上げソフトをご利用の方へ

このページに掲載しているデータはPDF形式で提供しています。ご利用のソフトがPDF形式に対応していない場合は、お手数ですが下記までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。