冬季における大気汚染対策

掲載日:2018年11月29日

834496

冬季における大気汚染対策リーフレット(PDF:427KB)

冬季は大気がよどみやすく、また、交通量の増加や事業所での暖房機器(ボイラーなど)の使用などにより、PM2.5(微小粒子状物質)の原因物質である窒素酸化物(NOx)の濃度が高くなる傾向があります。
窒素酸化物などの大気汚染物質の削減のため、身近な取組からはじめましょう!
 
 graph

県民の皆様へ

ウォームビズ・ウォームシェアを実践しましょう!

766704室内の温度は、「20℃」設定を心がけましょう。
使わない部屋の暖房はOFF!

766704重ね着などの工夫をしましょう。
特に冷えやすい首まわりや足もとをあたためると効果的!

766704窓やドアから、あたたかい空気が逃げない工夫をしましょう。
断熱シートや厚いカーテンを使うなどひと工夫!

766704ウォームシェアを実践しましょう。
家族や友達、職場の仲間がひとつの部屋に集まれば、暖房の節約に!

834498

<参考情報>

環境にやさしい運転(エコドライブ)を実践しましょう!

766704自動車を運転する際は、エコドライブを実践しましょう! 
合言葉は、『エエふうけいに、あいたいね。』(良い風景に会いたいね。)※

※ エコドライブ10のすすめ
エ :エンジンブレーキを使いましょう。  に :荷物は必要なモノだけを。
エ :エアコンの使用は控えめに。       あ :アイドリング・ストップ
ふ :ふんわりアクセルeスタート      い :違法駐車はやめましょう。
う :運転は加減速を少なく。       たい:タイヤの空気圧をチェック
けい:計画的なドライブを。        ね :燃費を把握しよう。

766713


 

 

 

エコドライブは、自動車の運転に起因して排出される大気汚染物質や二酸化炭素が削減され、
さらに燃費向上や交通安全にもつながります。 


<参考情報>

環境に配慮した移動手段を選択しましょう!

766704公共交通機関を利用しましょう。

 

766704天気のいい日には、自転車利用で健康増進を図りましょう!

766711

<参考情報>

事業者の皆様へ

※「県民の皆様へ」の取組に加えて、次の取組をお願いします。

環境に配慮した発注、運搬などを実践しましょう!

766704物品配送や廃棄物搬出を依頼する際は、低公害車を導入しているなど環境に配慮している事業者に依頼しましょう。

 

766704自ら配送を行う場合も、環境にやさしい運転(エコドライブ)を実践しましょう。

 

766707

<参考情報>

機械の更新時は、環境負荷の少ない機種を選定しましょう!

766704機器を更新する際は、燃費性能や大気汚染物質の排出量など、環境負荷の少ない機種を選びましょう。

<参考情報>

ボイラーなどの燃焼機器を使用されている事業者の皆様へ

766704機器の点検やこまめな清掃を実施しましょう。

 

766704良質な燃料へ転換しましょう。
 

766709

このページの先頭へもどる


屋外における焼却行為について

 

毎年この時期になると、農作業から出た稲わらなどが屋外で焼却されることがあります。

農林業を営むためにやむを得ないものとして行われる軽微な焼却については、法令の規制対象になっていませんが、近隣トラブルの原因にもなりますので、風向きや時間帯など、周辺の生活環境への配慮をお願いします。

(注)ごみの屋外焼却行為(いわゆる野焼き)は法令により原則禁止されています!

766719

 

 

 

 

 

このページの先頭へもどる


関係機関による冬季大気汚染対策の呼びかけ

※別ウインドウで表示します。

このページの先頭へもどる

このページに関するお問い合わせ先
環境農政局 環境部 大気水質課

環境農政局 環境部 大気水質課へのお問い合わせフォーム

大気環境グループ

電話 045-210-4111

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。