SVカレッジ

スキル育成プログラム

社会価値型スタートアップを成功させるスキルを手にいれよう

社会価値と経済価値を両立するスタートアップを成功させるために必要な様々なスキルセットについて、ゲストと共にゼロベースでトレーニング・身につけていくセミナープログラムです。

本プログラムはzoom等を活用したオンライン形式での実施を予定しております。接続方法等はイベント参加者に随時ご案内いたします。

こんな方におすすめ

  • 社会課題を解決するようなビジネスを検討・立ち上げている
  • 起業や事業の運営を行っており、より社会性の高いビジネスのあり方について検討したい
  • 企業内で新規事業に携わっており、ソーシャルベンチャーや社会起業家との連携について模索・検討したい

イベント詳細

Event Details
参加申し込み 6/26(金)

ソーシャルベンチャーのための、PRの考えかた

ソーシャルベンチャー・社会価値型スタートアップならではの、ストーリーの伝え方、PRによる社会の巻き込み方について手を動かしながら学んでいくワークショップ型プログラムです。

参加申し込み
味岡 倫歩

味岡 倫歩

ディアメディア株式会社 代表取締役

PR&ブランディング設計支援の専門家。 支援先企業は70社以上、スタートアップ企業・IT関連業界・人材業界・不動産業界・ハードウェアメーカー・教育関連業界等々、BtoB・BtoC問わず活動。 企業広報の支援のほか、個人ビジネス向けPRブランディング講座やメディア運営企業が使う請求書自動発行サービスも運営している。 株式会社リクルートにて広告営業、株式会社富士山マガジンサービスにてウェブマーケティング、広報業務に携わった後、2012年1月に独立。通常の広報業務の他、広報部門の立ち上げ、未経験広報担当者の育成、PRコンサルティング、ブランディング側面からのPR支援など、企業/サービスの立ち上げ期から拡大期、上場企業まで経験。 支援先企業の一例として、不動産情報「アットホーム」業務管理ツールを提供する「nulab」荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo」AIに強い組織体制を構築する「アイデミー」超軽量透明断熱材開発の「ティエムファクトリ」ハードウェアメーカー「Vufine」「foop」人材情報サービス「DISCO」「Lib」など。 スタートアップ企業における広報支援の他、創業50年の企業の広報改革、ブランディングコーチングなどを手掛ける。

参加申し込み 7/10(金)

ソーシャルベンチャーのための、コンセプトのつくりかた

ソーシャルベンチャー・社会価値型スタートアップに必要とされる、強い巻き込み力や社会性と経済性を兼ね備えるプロダクト・サービスのつくりかた・考えかたを学べるプログラムです。

参加申し込み
玉樹 真一郎

玉樹 真一郎

わかる事務所

1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で1億台を売り上げた「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。 2010年任天堂を退社。青森県八戸市にUターンして独立・起業、「わかる事務所」を設立。全国の起業や自治体などで、コンセプト立案、効果的なプレゼン手法、デザイン等をテーマとしたセミナー、講演、ワークショップ、プレゼン等を年60回以上おこなうほか、コンサルティング、ウェブサービスやアプリケーションの開発等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組む。 2011年5月より特定非営利活動法人プラットフォームあおもりフェロー。2014年4月より八戸学院大学・地域経営学部特任教授。2017年4月より三沢市まちづくりアドバイザー。著書に『コンセプトのつくりかた』(ダイヤモンド社)がある。

参加申し込み 7/17(金)

ソーシャルベンチャーのための、強いチームのつくりかた

解決したい社会課題や強いミッション・ビジョンがあるからこそ難しくなりがちな、ソーシャルベンチャー・社会価値型スタートアップの、チームのつくり方について参加者と共に考えていくプログラムです。

参加申し込み
武井 浩三

武井 浩三

元ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役

高校卒業後ミュージシャンを志し渡米、Citrus College芸術学部音楽学科を卒業。帰国後にCDデビュー。アメリカでの体験から起業するも、倒産・事業売却を経験。「関わるもの全てに貢献することが企業の使命」と考えを新たにし、2007年にダイヤモンドメディア株式会社を創業。 会社設立時より経営の透明性をシステム化。「給与・経費・財務諸表を全て公開」「役職・肩書を廃止」「働く時間・場所・休みは自分で決める」「起業・副業を推奨」「代表・役員は選挙で決める」といった独自の「管理しないマネジメント思想」は次世代型企業として注目を集める。 2017年には「ホワイト企業大賞」を受賞。ティール組織・ホラクラシー経営等、自律分散型経営の日本における第一人者としてメディアへの寄稿・講演・組織支援などを行う。2018年にはこれらの経営を「自然(じねん)経営」と称して一般社団法人自然経営研究会を設立、代表理事を務める。組織論に留まらず、「自律分散・持続可能・循環経済」をキーワードに、社会システムや貨幣経済以外の経済圏など、社会の新しい在り方を実現するための研究・活動を多数行なっている。 不動産領域におけるITサービスの普及活動にも尽力し、2018年に一般社団法人不動産テック協会を設立、初代代表理事を務める。一般社団法人LIVING TECH協会発起人/理事、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会IT部会幹事、国土交通省公益遊休不動産活用プロジェクトアドバイザーなどを歴任。 現在は、鎌倉投信創業者の新井和宏氏が立ち上げたコミュニティ通貨のプラットフォームを運営する株式会社eumoのボードメンバーとして新しい金融や地方創生に関わりながら、SDGs関連や組織開発、フェアトレード等、多数の企業にてボードメンバーを務める。また世田谷区における地域活動ではNPO法人neomuraの理事として地域のお祭りや清掃活動、情報発信を行う。2019年の世田谷区ふるさと納税キャンペーンのエバンジェリストにも選出される。

参加申し込み 7/22(水)

ソーシャルベンチャーのための、ファイナンスの考えかた

社会課題を解決しつつ、経済的な成長も狙うソーシャルベンチャーはファイナンスの点において、一般的なベンチャー企業と区別して語られることも少なくありません。ESG投資や社会的投資が盛り上がりをみせる昨今、ソーシャルベンチャーがどのようにファイナンスしていくかについて、ゲストと共に学んでいきましょう。

参加申し込み
山田 宏弥

山田 宏弥

新生企業投資株式会社/インパクト投資チーム ディレクター

2008年に大学卒業後、ベンチャーキャピタルの日本アジア投資株式会社に入社し、国内投資部にてベンチャー企業への投資業務に従事。その後独立系VCでの投資業務を経て、2013年より新生銀行にて未上場企業向けの投融資の他、機関投資家向け営業を担当。 2019年4月より邦銀系初のインパクト投資ファンド「子育て支援ファンド」及びその後継ファンド「はたらくFUND」に参画。