ダイアログナイト

社会がよくなる起業を考える対話イベント

社会がよくなる起業を考える
ダイアログナイト

社会性と経済性の両立を実現する起業家ゲストを迎え、社会がよくなる起業・スタートアップ・ソーシャルベンチャーについて、対話によって参加者全員で考えていくダイアローグイベントです。

本プログラムはzoom等を活用したオンライン形式での実施を予定しております。接続方法等はイベント参加者に随時ご案内いたします。

こんな方におすすめ

  • 社会課題を解決するようなビジネスを検討・立ち上げている
  • 起業や事業の運営を行っており、より社会性の高いビジネスのあり方について検討したい
  • 企業内で新規事業に携わっており、ソーシャルベンチャーや社会起業家との連携について模索・検討したい

イベント詳細

Event Details

リディラバ安部さんと考える社会起業家のリアル

社会起業家はどんな風に発想し、事業を立ち上げ、社会的な課題を解決していくのか、株式会社Ridilover安部さんをゲストにむかえて、参加者・ゲスト一体となって考えていく対話プログラムです。

参加申し込み
安部 敏樹

安部 敏樹

株式会社Ridilover 代表

1987年京都府生まれ。2007年東京大学入学。大学在学中の2009年に社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を設立。総務省起業家甲子園日本一、KDDI∞ラボ第5期最優秀賞など受賞多数。第2回若者旅行を応援する取組表彰において観光庁長官賞(最優秀賞)を受賞。

参加申し込み 7/3(金)

ボーダレスジャパン鈴木さんと考える
社会起業家のリアル

社会課題を解決するビジネスに取り組む社会起業の取り組み方や立ち上げのポイントについて、ボーダレスジャパン副社長の鈴木さんをゲストにむかえて、参加者・ゲスト一体となって考えていく対話プログラムです。

参加申し込み
鈴木 雅剛

鈴木 雅剛

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役副社長

1979年広島県出身。2004年大学院卒業後、株式会社ミスミに入社。2007年、貧困、差別・偏見、環境問題等の社会問題を解決する「ソーシャルビジネス」しかやらない会社として、株式会社ボーダレス・ジャパンを田口一成氏(同社代表取締役社長)と共に創業。以来同社は、国内・海外を問わず、社会問題を解決したいという強い志を持つ社会起業家を生み出し、互いの資金・人材・事業ノウハウを共有することで、社会インパクトの最速最大化を推し進める「社会起業家のプラットフォーム」として、次々と事業を創出し続けている。2020年5月時点で、13カ国35社のグループとなっている。

参加申し込み 7/29(水)

ココナラ南さんと考える
社会課題を仕事にするには

NPO法人ブラストビートの設立や、NPO法人二枚目の名刺に参加し、個人や法人が得意なスキル・知識・経験を売買できるスキルマーケット「ココナラ」を立ち上げる南 章行さんと社会課題を仕事にすることを考える対話プログラムです。

参加申し込み
南 章行

南 章行

株式会社ココナラ 代表取締役

1975年生まれ。愛知県立旭丘高校・慶應義塾大学でラグビーに明け暮れ、1年間の休学でアメリカ留学を挟み卒業。 住友銀行(現三井住友銀行)に入行後、2004年に企業買収ファンドのアドバンテッジパートナーズに転職。2009年には英国オックスフォード大学経営大学院(MBA)を修了する。 帰国後、NPO法人ブラストビートの設立や、NPO法人二枚目の名刺に参加。2011年、株式会社ウェルセルフ(現株式会社ココナラ)を設立し現職。

Waris河さんと考える
社会課題を解決するビジネスのつくり方

ハイキャリア女性と企業の仕事をマッチングする人材サービス業を手がけるWaris河さんと社会課題を解決するビジネスのつくり方を考える対話プログラムです。

参加申し込み
河 京子

河 京子

株式会社Waris 共同代表

岡山市出身、神戸女学院高等学部卒~慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒。2007年4月株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)に入社、営業や営業企画として人材分野から法人企業の事業支援を手掛けた。リクルートキャリア在籍中の2013年4月に株式会社Warisを設立して、ボランタリーベースで経営に関わる。2014年6月リクルートキャリアを退職して、2014年7月株式会社Waris代表取締役・共同創業者に就任。2016年4月から福岡へ移住し、リモートで経営をする傍ら福岡・九州エリアの事業拡大を担う。2018年8月一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会福岡HUBサブリーダーに就任。