更新日:2024年5月27日

ここから本文です。

5事業者による水道事業連携の取組

水道システムの再構築

5事業者(神奈川県・横浜市・川崎市・横須賀市・神奈川県内広域水道企業団)は、水需要の減少、施設の老朽化や水質事故等への対応強化など、共通する課題の解決に向けて、「神奈川県内水道事業検討委員会報告書(平成22年8月)」等を踏まえ、将来を見据えた「水道システムの再構築(水道施設の再構築、上流取水の優先的利用、取水、浄水の一体的運用)」の検討を進めています。

※)この取組は、「神奈川県水道広域化推進プラン」(令和5年3月)にも位置付けられています。

5事業者の「水道システム再構築」の目標(PDF:134KB)

「水道システムの再構築の推進に関する覚書」及び5事業者の「施設整備計画」(令和6年5月)

浄水場の統廃合などに取組む「水道システムの再構築」を着実に推し進めるため、覚書を締結しました。

また、令和5年5月の中間とりまとめ(「5事業者の『施設整備の概要』」(中間とりまとめ)(PDF:3,419KB))を経て、必要な施設整備の内容や費用などを明確にした「5事業者の『施設整備計画』」を策定しました。

「水道システムの再構築の推進に関する覚書」(PDF:299KB)

5事業者の「施設整備計画」(PDF:4,338KB)

 

外部有識者を交えた検討会

これからの時代に相応しい水道システムの構築に向けた検討会(令和元年~2年度)

水道システムの再構築に向け、河川有識者を交えた検討会を設置し、河川行政や環境面など多角的視点から検討を行いとりまとめたものです。

神奈川県内におけるこれからの時代に相応しい水道システムの構築に向けた検討会について

これからの時代に相応しい水道システムの構築に向けた検討 とりまとめ(PDF:5,494KB)

神奈川県内水道事業検討委員会報告書(平成22年8月)

神奈川県内水道事業検討委員会が、神奈川県、横浜市、川崎市、横須賀市および神奈川県内広域水道企業団の将来(概ね30年後)のあるべき姿の構想をまとめたものです。

神奈川県内水道事業検討委員会報告書(PDF:4,832KB)

神奈川県内水道事業検討委員会報告書(概要版)(PDF:1,463KB)

 


 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は企業局 水道部計画課です。