ホーム > 産業・働く > 事業者支援・活性化 > 創業・ベンチャー支援 > 神奈川県のベンチャー支援 > オープンイノベーションプログラム“ビジネス・アクセラレーター・かながわ(BAK)”

更新日:2022年5月11日

ここから本文です。

オープンイノベーションプログラム“ビジネス・アクセラレーター・かながわ(BAK)”

神奈川県のオープンイノベーションプログラム“ビジネス・アクセラレーター・かながわ(BAK)”の取り組みをご紹介します

bak-logo

「ビジネス・アクセラレーター・かながわ(BAK)」は、神奈川県内に拠点を持つ大企業・中堅企業等と、質の高いベンチャー企業間の事業連携プロジェクト創出を目的とし、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画いただく協議会の運営を通してオープンイノベーションのコミュニティ形成に取り組みます。

BAKでは、協議会に参加する企業によるオープンイノベーションの実現を支援しています。ぜひご参加ください。

※本事業は、神奈川県が主催し、委託先であるパーソルイノベーション株式会社(eiicon company)が実施します。

BAK協議会参加申込

BAK協議会とは

協議会は無料でお気軽に参加いただけます。オープンイノベーション、パートナー探索に役立つ情報を提供します。

2022年度の活動

2021年度の活動

2020年度の活動

ベンチャー企業と連携する意欲のある企業の募集(~3月22日)(2022年度の活動)

newnormal2022

ベンチャー企業との連携により、新規事業の創出や新たなプロダクト・サービスの開発などに取り組む意欲のある企業等を募集しました。

今後、決定した県内企業と連携して、コロナ禍によって生じた課題の解決に取り組むベンチャー企業を募集します(2022年6月頃予定)。

応募の詳細

2021年度プロジェクトの成果発表会

bak220523

詳細・申込(別ウィンドウで開きます)

2021年度の活動状況

「BAK NEW NORMAL PROJECT2021」

BAK2021_logo_1

「BAK NEW NORMAL PROJECT2021」として、神奈川県に拠点を持つ企業8社(パートナー企業)と連携して新型コロナにより生じた社会課題の解決に取り組むベンチャー企業を募集しました。

募集の結果、8つのプロジェクトが立ち上がり、事業化に向けて取り組んでいます。

各プロジェクトの進捗・詳細

「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」詳細ページ(別ウィンドウで開きます)

成果発表会の動画配信(別ウィンドウで開きます)

ベンチャー企業の募集(2021年6月28日から7月26日)

「BAK NEW NORMAL PROJECT 2021」連携ベンチャーの募集結果(2021年9月16日記者発表)

ベンチャー企業の募集詳細(現在は募集は終了しています)

オンライン募集説明会の動画配信(別ウィンドウで開きます)

onlinesetsumeikai0707

ベンチャーと連携するパートナー企業の募集(2021年4月5日から4月16日)

ベンチャーと連携するパートナー企業の募集(終了)

参加したパートナー企業のインタビュー記事 

その他のBAKでの支援によるプロジェクトの進捗

支援プロジェクトの成果発表会 
  • 2022年年5月23日(月曜日)16時から17時30分、オンライン配信

bak220523

詳細・申込(別ウィンドウで開きます)

【成果発表プロジェクト】

1.「サイン入りユニフォーム転売抑止エンジンシステムの開発」
株式会社川崎フロンターレ×株式会社エフィシエント
選手のサイン入りユニフォームがネット上で転売された際に、AIにより出品者を推定できるシステムを開発。これにより、転売の抑制・抑止に繋がる仕組みづくりにチャレンジしているプロジェクト

2.「AI面接練習アプリ steachの開発」
株式会社ジェイック×株式会社エフィシエント
コロナ禍での面接練習に苦慮する就活生を救う、一人で手軽に面接力を向上させるAIを使った面接練習アプリ開発プロジェクト

3.「小田急チャレンジコネクト」
株式会社小田急SCディベロップメント

自身のスキルを活用したい副業希望者と厚木市内の飲食店事業者をマッチングさせ、新たな価値を生み出すプロジェクト

4.「共感型ふるさと納税の取組~IoTふるさと納税自動販売機と観光施設の連携~」
藤田観光株式会社×グローキーアップ株式会社
地場産品や観光体験に魅力を感じ、共感した観光客が、その場で訪問先の自治体にふるさと納税ができるプロジェクト。箱根町の小涌園ユネッサンにて新たな取組を開始しました。

支援プロジェクトの事業化

ベンチャーが「箱根小涌園ユネッサン」・箱根町と連携して「ふるさと納税自動販売機」を設置します  (別ウィンドウで開きます)

協議会参加要項

協議会設立日

2019年11月1日

協議会参加条件

大企業・中堅企業

  • 神奈川県内に本社もしくは事業所等の拠点があり、ベンチャー企業とオープンイノベーションを検討する意向があること

  • 神奈川県内に拠点がない企業の場合は、神奈川県内のベンチャー企業とオープンイノベーションを検討する意向があること

ベンチャー企業

  • 大企業や中堅企業等とオープンイノベーションを検討する意向があること

その他支援機関(金融機関、大学・研究機関、ベンチャーキャピタル等)

  • 本プログラムで組成されたプロジェクトについて積極的に支援する意思があること

協議会の支援内容

  • イベントやワークショップの企画開催
  • オープンイノベーションプロジェクト創出促進サポート
    (マッチング調整、事業化に向けたコンサルティング、実証フィールド調整・獲得、県による広報活動支援)
  • オープンイノベーション、ベンチャー支援に関する情報提供

協議会参加申込方法

参加申込フォームからお申し込みください。

BAK参加申込フォーム(別ウィンドウで開きます)

個人情報の取扱について(別ウィンドウで開きます)

本事業の運営事業者

パーソルイノベーション株式会社(eiicon company)(別ウィンドウで開きます)

2020年度の活動状況

bak2021年パート1bak2021年パート2

成果ピッチパート1の動画(別ウィンドウで開きます)

成果ピッチパート2の動画(別ウィンドウで開きます)

2020年度にBAKにおいて支援したプロジェクトは次のページをご覧ください

新型コロナに係るイノベーション創出推進(別ウィンドウで開きます)

【終了:2020年度事業】新型コロナに係るイノベーション創出推進委託(オープンイノベーション型)

ベンチャー企業が中心となった複数の企業等が連携し、新型コロナにより生じる課題の解決を行うなど、神奈川県において新しいビジネスモデルを構築するプロジェクトを募集していました(2020年8月7日まで)。

採択したプロジェクトについては、県が開発・実証に係る費用を支援(最大1100万円)するとともに、県が運営するオープンイノベーションのプラットフォーム「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」(BAK)において事業化を支援しました。

委託事業の詳細について(別ウィンドウで開きます)

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 産業部産業振興課です。