科学技術週間(県機関での開催行事)

掲載日:2020年4月21日

科学技術週間とは?

科学技術週間 シンボルマーク

「科学技術週間」
シンボルマーク

4月18日の「発明の日」を含む一週間が、科学技術週間です。科学技術系人材を育成するとともに、科学技術に対する国民の理解と関心を広く醸成して、科学技術の一層の振興を図るため、国では昭和35年から科学技術週間を設け、この期間を中心として各種の科学技術に関する行事を全国的に実施することとしています。
科学技術週間の詳細につきましては、文部科学省の科学技術週間のホームページで、ご覧いただけます。

※発明の日:明治18年4月18日に専売特許条例(現特許法)が公布されたことに由来します。

 

 

 

第61回科学技術週間

終了しました。

令和2年4月13日(月曜日)から4月19日(日曜日)

※文部科学省の科学技術週間のホームページで紹介されている関連行事一覧の神奈川県の行事は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となっております。

  • 科学技術週間にあたり、県機関の日ごろの活動や研究成果を紹介します。

温泉地学研究所

温泉地学研究所
温泉地学研究所(クリックするとPDFファイルが開きます。)

温泉地学研究所ホームページ

環境科学センター

環境科学センター

環境科学センター(クリックするとPDFファイルが開きます。)

環境科学センターホームページ

自然環境保全センター

自然環境保全センター
自然環境保全センター(クリックするとPDFファイルが開きます。)

自然環境保全センターホームページ

農業技術センター

農業技術センター
農業技術センター(クリックするとPDFファイルが開きます。)

農業技術センターホームページ

畜産技術センター

畜産技術センター
畜産技術センター(クリックするとPDFファイルが開きます。)

畜産技術センターホームページ

水産技術センター

水産技術センター
水産技術センター(クリックするとPDFファイルが開きます。)

水産技術センターホームページ

衛生研究所

衛生研究所
衛生研究所(クリックするとPDFファイルが開きます。)

衛生研究所ホームページ

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

KISTEC
地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)(クリックするとPDFファイルが開きます。)

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)ホームページ

 


第60回科学技術週間

終了しました。

平成31年4月15日(月曜日)から21日(日曜日)

「科学技術週間」にあわせて、神奈川県の試験研究機関等では、日頃の研究成果を県民の皆様に知っていただくため、施設公開等を行います。
普段なかなか経験できない科学の魅力に触れることができますので、皆様、ぜひともお出かけください。

行事一覧

※掲載の行事につきましては、実施日時や内容に変更が生じる場合がありますので、ご利用の際には、それぞれの機関にご確認をお願いします。

温泉地学研究所 小田原市入生田586 電話0465-23-3588

施設一般公開

温泉地学研究所展示室
神縄断層の断面
(剥ぎ取り標本)

4月15日(月曜日)から
4月19日(金曜日)まで
各日13時から16時

対象:一般 申込:不要(無料)
研究員による施設案内を行います。また、各日いろいろなテーマでミニ講演会を行います。詳細は温泉地学研究所ホームページをご覧ください。

 

自然環境保全センター 厚木市七沢657 電話046-248-0323

ミニ観察会
「いのちが踊り出す春の谷戸」

自然環境保全センターミニ観察会
観察会の様子

4月21日(日曜日)
13時から15時
対象:どなたでも 申込:当日受付(30名)(無料)
自然に詳しいボランティアの案内により、野外施設をゆっくりと歩きながら、様々な生き物たちを観察し、親しむことができます。

時間:13時スタート(所要時間約2時間)
集合場所:自然環境保全センター本館玄関前
服装:野外を歩ける靴、服装でご参加ください。
雨天時:強風や大雨などの荒天時をのぞき、雨天でも実施します。

※団体(15名以上)で参加される場合は10日前までに申し込み下さい。

 

農業技術センター 平塚市上吉沢1617 電話0463-58-0333

施設公開

農業技術センター施設公開
実験ほ場見学の様子

4月20日(土曜日)
9時30分から15時

対象:一般、学生、農業関係者など 申込:不要(無料)
農業技術センターの取り組みを県民の皆様に広く知ってもらうために、試験栽培を行っている畑などを公開するとともに、研究成果や普及活動、病害虫防除業務などについて紹介します。

 

水産技術センター 三浦市三崎町城ヶ島養老子 電話046-882-2311

展示説明会
(当センターの展示品説明)

水産技術センター展示ホール
展示ホール

4月16日(火曜日)
4月18日(木曜日)
各日、13時30分から14時30分
対象:学生、一般 申込:不要(無料)
県内の漁業やその漁法、当センターの業務について職員がご紹介します。
(上記以外の日時には原則職員はつきません。)

 

科学技術週間後の県機関の行事も紹介しています。

生命の星・地球博物館 小田原市入生田499 電話0465-21-1515

春の地形地質観察会
ー湯河原の石材を、自然科学的、人文科学的視点で見てみようー


会場:湯河原町(鍛冶屋)

5月3日(金曜日・祝日)
10時から15時
(雨天中止)
対象:小学4年生から大人
(幼児から小学3年生連れでの参加不可)

申込:往復はがき、ホームページより(30名、締切4月16日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

幕山から湯河原駅に至る7Km程度のコースで、溶岩や石材の観察を中心に、高台からの箱根火山や伊豆半島の火山地形を観察します。今回は、歴史博物館の学芸員も講師として参加し、石材の解説を行います。

おやこで貝がらをしろう

会場:生命の星・地球博物館
5月5日(日曜日・祝日)
午前:10時から12時
午後:13時から15時
対象:小学生とその保護者
(児童1名につき保護者1名から2名参加必須、幼児連れは不可)

申込:往復はがき、ホームページより(各回10組20名、午前、午後を指定、両方へ応募可ですが、当選はどちらか、締切4月16日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

貝がらみがき、フロッタージュ(こすり出し絵)、かたち調べなど、貝がら遊びをしながら、貝についてもっともっと詳しくなりましょう。

親子でノジュール割りに挑戦
ーボリビア産の化石をしらべようー


会場:生命の星・地球博物館

5月6日(月曜日・振替休日)
11時から15時30分
対象:小学4年生から6年生とその保護者
(保護者参加必須)

申込:往復はがき、ホームページより(18名、締切4月16日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

ボリビア産のノジュールという丸い石を材料に、化石を取り出す実験・観察をします。三葉虫は見つかるかな?

オタマジャクシを顕微鏡で観察してみよう

会場:生命の星・地球博物館

5月11日(土曜日)
5月12日(日曜日)
10時から12時(2日間ともに同内容)

対象:小学生から大人

申込:往復はがき、ホームページより(13名、両日へ応募可ですが、当選はどちらか一日、締切4月23日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

オタマジャクシの口はどうなってる?顕微鏡でじっくり観察し、カエルと比べてみましょう。身近な生き物でも、顕微鏡を通して見ると、新たな発見が!

デジカメ片手に展示を楽しもう
ー展示見学ポートフォリオづくりに挑戦!ー


会場:生命の星・地球博物館

5月18日(土曜日)
10時から16時
対象:小学4年生から6年生とその保護者、中学生
(小学生は保護者参加必須、幼児連れは不可)

申込:往復はがき、ホームページより(10名、締切4月30日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

デジカメ片手に、自由に展示を楽しみます。画像をシートに貼って、ポートフォリオにまとめます。

磯の生きものウォッチング

会場:真鶴町(三ツ石海岸)

5月19日(日曜日)
10時から15時30分
(雨天中止)
対象:小学生とその保護者
(保護者参加必須、幼児連れは不可)

申込:往復はがき、ホームページより(40名、締切4月30日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

植物が花を咲かせ、潮がよく引く春は、磯の生きものを観察するのに適した季節です。生きものを探して、なかま分けや名前調べに挑戦しましょう。

初夏の昆虫観察会

会場:神奈川県西部の里山

5月26日(日曜日)
10時から15時
(雨天中止)
対象:小学4年生から6年生とその保護者、学生、大学院生
(幼児から小学3年生連れは不可)

申込:往復はがき、ホームページより(20名、締切5月7日(火曜日))
費用:傷害保険代1人50円

学芸員と一緒に5時間ほど野山をハイキングしながら、初夏の昆虫を探します。どんな昆虫に出会えるかはお楽しみ。クモやトカゲ、カエルにも会えるよ。

 

地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
(KISTEC)

海老名本部:海老名市下今泉705-1 電話046-236-1500

一般公開

県立産業技術総合研究所
海老名本部施設全景

5月24日(金曜日)
13時から17時

対象:企業、試験研究機関の方及び一般県民

申込:事前申込制(無料)、見学コース各10名から30名(詳細はKISTECホームページ)

技術分野別見学ツアーを実施します。

[同日開催]
(知財セミナー)
「下町ロケット」に見る中小企業の知財活用 ーニッチトップになるための戦略ー

講師:鮫島 正洋 氏
(弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー 弁護士・弁理士)
時間:10時20分から12時
場所:海老名本部 2階 カンファレンスルーム
申込:事前申込制(KISTECホームページより)
定員:50名(先着順)
参加費:無料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa