寄付月間

掲載日:2020年11月13日

寄付月間とは

寄付月間とは、平成27年12月に初めて行なわれた、全国的な寄付の啓発キャンペーンです。
NPO、大学、企業、行政、国際機関など、寄付に係る関係者が幅広く集い、寄付が人々の幸せを生み出す社会を作るために、12月の一カ月間を「寄付月間-Giving December-」にしようということで、スタートしたものです。

コンセプトは、「欲しい未来へ、寄付を贈ろう」。1年の終わりの12月に、寄付について考えたり、実際に寄付をしてみたりと、自分のできることを自分なりにやってみようという掛け声のもと、平成30年には546法人が賛同パートナー(※1)として名を連ね、151件の寄付月間公式認定企画(※2)が実施されました。

寄付は自発的なものであるため、賛同パートナーになったからといって強制や義務は一切なく、自らの自発的な関わり方で広めていこうという、新しい形のキャンペーンです。
本県は、この趣旨に賛同し、引き続き賛同パートナーになっています。

運営団体

寄付月間推進委員会委員長 小宮山 宏 株式会社三菱総合研究所理事長
共同事務局長 鵜尾 雅隆 特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会代表理事

※1 賛同パートナー
「寄付月間-Giving December-」の趣旨に賛同する企業、団体等が、事務局に申請し、承認を受けることで、なれるものです。賛同パートナーになると、寄付月間のHPにロゴが掲載されます。賛同パートナー登録をした上で、寄付を行うことで、リードパートナーとなることもできます。

※2 公式認定企画
「寄付月間-Giving December-」の趣旨に賛同する団体が、「寄付月間」に行う寄付に関するイベント等を事務局に申請し、承認を受けることで、「公式認定企画」となるものです。

令和2年度の公式認定企画

今年度は、「寄付月間展示~NPOを応援しよう!~」と題して、かながわ県民センターで展示を行います。県内で実施される公式認定企画や県内のNPO法人の活動紹介などを予定しています。

【期間】令和2年12月12日(土曜日)~12月28日(月曜日)午前中までを予定
【場所】かながわ県民センター1階
 ※お越しの際は、感染防止対策を徹底していただくよう、よろしくお願いいたします。

これまで実施した公式認定企画

【令和元年度】

寄付の教室in神奈川

主催 神奈川県
共催 トライセクター神奈川、NPO法人日本ファンドレイジング協会

令和元年11月13日(水曜日)に県立湘南台高校において、12月2日(月曜日)、9日(月曜日)に県立横浜南陵高校において、「寄付の教室in神奈川」を開催しました。

  • 寄付のことがわかる本

(発⾏︓『寄付のことがわかる本』制作委員会 企画・編集︓株式会社協進印刷

令和元年度に実施した「寄付の教室in神奈川」が紹介されています。「寄付や社会貢献ってなんだろう?」「私たちにどんなことができるの?」そんな疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

寄付のことがわかる本(PDF:2,014KB)

「寄付の教室」とは、NPO法人日本ファンドレイジング協会の社会貢献教育プログラムです。

【平成30年度】

寄付の教室in神奈川

主催 神奈川県
共催 トライセクター神奈川、NPO法人日本ファンドレイジング協会

平成31年1月19日(土曜日)にかながわ県民センターにおいて、高校生を対象に「寄付の教室in神奈川」を開催しました。 

【平成29年度】

かながわ寄付月間フォーラム2017

主催 神奈川県、NPO法人横浜スタンダード推進協議会
協力 かながわ寄付toカタログプロジェクト実行委員会、かながわトライセクター交流会
本事業は、神奈川県からの委託を受け、NPO法人横浜スタンダード推進協議会が開催しました。

チラシ[PDFファイル/3.05MB]

日時 平成29年12月2日(月曜日)15時から17時
場所

BUKATSUDO

(横浜市西区みなとみらい2ー2ー1 ランドマークプラザ地下1階)

概要 「未来を良くするお金の活かし方」をテーマに、NPO・企業・行政など多様なセクターが集り、様々な立場から話し合い、地域をよくするためにこれから何ができるかを、一緒に考える機会とする。
内容

基調講演 

「未来を良くするお金の活かし方」

 新井 和宏 氏(鎌倉投信株式会社取締役)

トークイベント

 モデレーター 江森 克治 氏(株式会社協進印刷代表取締役・かながわ寄付toカタログプロジェクト実行委員長)
 ゲスト 徳永 洋子 氏 (ファンドレイジング・ラボ代表)
     新井 和宏 氏

かながわ寄付toカタログ大チャリティパーティ

フォーラム終了後、かながわ寄付toカタログプロジェクト実行委員会主催による「寄付toカタログ大チャリティパーティ」が開催されました。
パーティを楽しみながら、カタログにエントリーしている8つの寄付商品を実際に見たり、提供している企業やNPO法人に直接会って話を聞いたり、「欲しい未来」を自分で選んで寄付を体験する場として開催されました。

時間:17時30分から20時
会場:BUKATSUDO(同会場)
協力:神奈川県、かながわトライセクター交流会

【平成28年度】

かながわ寄付月間フォーラム2016

主催 神奈川県
後援 横浜市市民局
協力 トライセクター交流実行委員会、富士ゼロックス株式会社
※トライセクターとは、NPO、企業、行政という異なるセクターの垣根を越えるという意味です。

チラシ(PDF:3,138KB)

日時 平成28年12月17日(土曜日)16時から18時
場所

富士ゼロックスお客様価値創造センターセミナールーム

(横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル4階)

概要 「地域をよくするお金の活かし方」をテーマに、NPO・企業・行政など多様なセクターが集り、様々な立場から話し合い、地域をよくするためにこれから何ができるかを、一緒に考える機会とする。
内容

基調講演

「地域をよくするお金の流れ」

 鵜尾 雅隆 氏(NPO法人日本ファンドレイジング協会代表理事・寄付月間共同推進委員会事務局長)

パネルディスカッション

 パネリスト 

 【NPO】阿部 真紀 氏(認定NPO法人エンパワメントかながわ代表理事)
 【中間支援組織】吉原 明香 氏(認定NPO法人市民セクターよこはま事務局長)
 【企業】太田 久士 氏(株式会社横浜ビール代表取締役社長)
 【行政】萩生田 美穂子(神奈川県NPO協働推進課長)

出会ってつながる大交流会(トライセクター交流実行委員会主催)(18時から20時)

マスコットアンバサダーとは

寄付月間では、より多くの団体等に楽しく参加してもらい、寄付の啓発キャンペーンを広げていくために「マスコットアンバサダー制度」を設けています。

かにゃおは、昨年度に引き続きマスコットアンバサダーに就任しています。

かにゃお写真

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。