次世代自動車の普及に向けた取組

掲載日:2020年9月24日

注目情報

現在注目情報はありません。

電気自動車の普及に向けた取組

(1)EV活用自家消費システム導入費補助金

電気自動車等(EV・PHV)及び太陽光発電システムと併せて新たにV2Hを導入する事業に対して補助を行います。

詳しくはこちら

(2)ワークプレイスチャージング導入事業費補助金

電気自動車(EV・PHV)で通勤している従業員が職場で充電を行うワークプレイスチャージングの設備導入と、電気自動車等(EV・PHV)の蓄電池の機能を活用したエネルギー自立型施設の構築を行う事業に対して補助を行いした。(公募は終了しました。補助金の詳細はこちら

ワークプレイスチャージング導入事業についての詳細はこちら

(3)車両導入への優遇策

ア 電気自動車認定カード(駐車場の割引) ※平成30年4月1日以降のご利用は新たなカードが必要です!

電気自動車認定カードを提示すると、一部の県立施設の駐車場で使用料がおよそ半額になります。詳しくはこちら

イ 電気自動車等の導入に際して融資を受けられます(中小企業制度融資)

県内で電気自動車等の設備を導入する中小企業を対象として、融資を行っています(金融課)。

(4)充電インフラ情報

県内外の充電インフラに関する情報や、神奈川県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンを公開しています。詳しくはこちら

(5)普及啓発活動

ア 電気自動車(EV)に関するイベント情報

県では、普及啓発活動をしています!新たなイベント情報は注目情報でお知らせします。

イ 電気自動車地域導入促進モデル事業(平成27~28年度実施事業)

電気自動車(EV)の一層の普及拡大を図るため、箱根のホテルにEVを配置し、観光客のレンタル利用とホテルの業務にも活用するカーシェアリングモデル事業を実施しました。詳しくは、こちらへ(PDF:189KB)

(6)災害時における電動車の活用促進

県では、災害時における電動車の活用を促進しています。

詳しくはこちら


燃料電池自動車の普及に向けた取組

(1)燃料電池自動車(FCV)について

FCVの仕組や特徴について簡潔にまとめています!詳しくはこちら
燃料電池自動車ってなに?

(2)普及啓発活動

県では、県内各地のイベントでFCVの普及啓発活動をしています!詳しくはこちら

(3)車両導入への優遇策

ア 燃料電池自動車導入補助金(平成27年度から)

燃料電池自動車導入補助金の交付をおこなっています。詳しくはこちら

イ 燃料電池自動車等の導入に際して融資を受けられます(中小企業制度融資)

県内で燃料電池自動車等の導入をする中小企業を対象として、融資を行っています(金融課)。


かながわ次世代エネルギーシステム普及推進協議会

ア かながわ次世代エネルギーシステム普及推進協議会とは

かながわ次世代エネルギーシステム普及推進協議会の概要についてはこちら

イ かながわ次世代エネルギーシステム普及推進協議会開催について

かながわ次世代エネルギーシステム普及推進協議会の開催結果を公開しています。詳しくはこちら

EV・PHVタウン構想

経済産業省が主体の電気自動車、プラグインハイブリッド自動車(PHV)の本格普及に向けたモデル事業である「EV・PHVタウン」について公開しています。神奈川県は、平成21年3月31日に第一期「EV・PHVタウン」の広域実施地域に選定されており、EVに特化して取組んでいます。詳しくはこちら

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。