洪水対応演習のお知らせ(令和2年度は終了しました)

掲載日:2020年5月14日

神奈川県の管理するダムにおいて洪水対応演習を行います

目的

洪水対応演習は、梅雨・台風などに出水期を迎えるにあたり、洪水時の防災体制に万全を期するため、毎年この時期に実施しているものです。

対象ダム

【相模川水系】城山ダム沼本ダム相模ダム道志ダム

【酒匂川水系】三保ダム

日時

城山ダム 2020年5月12日(火曜)、13日(水曜)午前9時から午後5時まで

その他のダム 2020年5月13日(水曜)午前9時から午後5時まで

注意:大雨等により中止になることがあります。その場合、実際の洪水対応等のため、ゲートからの放流を行うことがありますので、ご注意ください。

実施内容

(1) ゲート模擬操作演習(想定による机上演習)

(2) 情報伝達、警報等の演習

ア 関係機関への情報伝達

(対象ダム全て5月13日(水曜)を予定)

イ 警報所からのサイレン吹鳴及びスピーカー放送

 (城山ダムは5月12日(火曜)、その他対象ダムは5月13日(水曜)を予定)

ウ 警報車による河川巡視及びスピーカー放送

 (城山ダムは5月12日(火曜)、その他対象ダムは5月13日(水曜)を予定)

(3) 設備機器の操作演習

ダムや下流河川の周辺にお住まいの皆様へ

当日は、ダム下流河川の警報所などから、サイレンの吹鳴及びスピーカー放送を行いますので、ご迷惑をお掛けしますがご理解とご協力をお願いします。

なお、当日は演習のため、実際のゲート放流は行いません。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa