更新日:2022年9月16日

ここから本文です。

かながわセーリング祭『+1』~江の島の風をマルセイユへ~

ー東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会1周年記念事業ー

現在、開催に向けて準備中です。イベント情報は本ページに随時更新していきます。

かながわセーリング祭『+1(プラスワン)』

東京2020大会のレガシー継承のためのイベントを開催

県では、東京2020大会1周年を記念して、セーリング競技会場となった江の島ヨットハーバーで、かながわセーリング祭『+1(プラスワン)』を開催します。当日行われるセーリングレースを大型モニターで観戦できるほか、ステージイベントやフォトラリー等も行います。

東京2020大会の感動と興奮をレガシーとして、パリ2024大会・セーリング競技が実施されるマルセイユへつなげます。

なお、当事業は新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じた上で実施します。

せ、

写真:ロイター/アフロ

oripararogo

概要 

イベントのチラシを見る

開催日程

令和4年10月15日 土曜日 10時から16時まで

令和4年10月16日 日曜日 10時から16時まで

会場 

江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市江の島1-12-2)

地図

参加費

無料(どなたでも参加できます)

イベント内容

パブリックビューイング

大型モニターで実際に会場で行われるセーリングのレースを放映。東京2020大会レーザーラジアル級日本代表の土居愛実(どい まなみ)氏とセーリング競技の経験が豊富な伊藤一石(いとう かずいし)氏による解説を聞きながら観戦することができます。

ステージイベント

10月15日 土曜日

太鼓集団ふじによる太鼓演奏

Ku’u Nalani Hula Studio~Tapute’aによるタヒチアンダンス

セーラーによるトークショー

ねんりんピック広報キャラバン隊ステージなど

<出演者>
梅小鉢(ねんりんピックかながわ2022広報キャラバン隊リーダー)

10月16日 日曜日

江の島婦人部を中心に構成される夕波会による踊り

VARUA-Te Hui Purotuによるタヒチアンダンス

セーラーによるトークショーなど

東京大会銘板フォトラリー(東京1964・2020大会のレガシーを巡る)

江の島島内に設置されている、東京オリンピックの感動と記憶を伝える銘板を巡るフォトラリーを行います。写真を集めると素敵なグッズをプレゼント。

フォトラリー

ブース出展

パリ大会・セーリング競技が実施されるマリーナや艇種の紹介、「3033(サンマルサンサン)運動」や「ともに生きる社会かながわ憲章」、「ねんりんピックかながわ2022」、「湘南海上保安署」のPRをします。

チョークアート体験

オイルパステルという画材を使用してチョークアート体験ができます。フランスやセーリングにちなんだ絵を作成できます。

※ 当日会場で先着順で受付を行います。

キッチンカー&フードスペース

ローストビーフや唐揚げ等のキッチンカーが日替わりで出店します。レースやステージを観ながら、キッチンカーでおいしい料理を堪能できます。

チラシ

チラシ(PDF:2,243KB)

オモテ

ウラ

セーリングレースについて

大会名:ASAF Sailing Cup JSAF Enoshima Olympic Week 2022

開催期日:令和4年10月14日(金曜日)から10月16日(日曜日)

主催:公益財団法人日本セーリング連盟

運営:神奈川県セーリング連盟

開催趣旨: 本大会は、1964年東京オリンピックヨット競技開催記念と、若手選手育成を目的に始まり、その後、海外からの選手も出場できる国際レースとなり、海外選手と接する機会の少ないジュニア・ユース選手が貴重な経験を積む機会となっている。

問合せ先

スポーツ局スポーツ課 競技スポーツグループ 電話045-285-0797(直通)

現在、開催に向けて準備中です。イベント情報は本ページに随時更新していきます。

aflo2

写真:AP/アフロ

このページに関するお問い合わせ先

スポーツ局 スポーツ課

スポーツ局スポーツ課へのお問い合わせフォーム

競技スポーツグループ

電話:045-285-0797

内線:2935

ファクシミリ:045-662-5557

このページの所管所属はスポーツ局 スポーツ課です。