ホーム > 産業・働く > 事業者支援・活性化 > 産業振興・企業組合 > さがみロボット産業特区 > 令和4年度新型コロナウイルス感染症対策ロボット実装事業

更新日:2022年5月9日

ここから本文です。

令和4年度新型コロナウイルス感染症対策ロボット実装事業

ロボット等の実装に意欲的な施設に対し、ロボット等の選定や導入に必要となる施設環境の調整など、総合的な支援を行います。また、令和3年度に実施した本事業の成果であるロボット導入の手順書を、広く周知することで、実装施設の増加に繋げます。

新着情報

5月9日 県と連携してロボットの実装に取り組む施設を募集します。(申し込み期限6月3日)

5月9日 医療機関向けロボット導入の手順書を公開しました

1 事業の概要

県では、新型コロナウイルス感染症対策に資するロボット等(IoT関連機器を含む)の実装に強い意欲を持つ県内施設(以下、施設)を広く募り、ロボット等の導入実証及び効果検証を実施することで、当該施設への実装を推進します。

併せて、令和3年度に実施した本事業の成果であるロボット導入の手順書を、不特定多数の県民等が利用する施設に向け、研修会等で広く周知することで、実装施設の増加及びロボット等関連企業参入機会の拡大にも繋げます。

2 施設の募集について

(1)募集期間

令和4年5月9日(月曜日)から令和4年6月3日(金曜日)まで

(2)募集施設

不特定多数の県民等が利用し、新型コロナウイルス感染症対策のために、生活支援ロボットを実装することが効果的な施設で、実装に意欲のある県内施設(例:鉄道駅、商業施設、文化施設、教育施設、医療施設、介護施設など)

(3)募集件数

2施設程度

(4)施設の取組及び支援内容

施設から新型コロナウイルス感染症に係る業務上の課題を提示していただいた上で、県が課題を解決する生活支援ロボットやIoT機器(ロボット等)を募集・選定(3種類程度)します。選定作業には施設にも加わっていただきます。その後、選定したロボット等の導入実証を実施し、効果検証後、ロボットの実装を検討していただきます。
実装に向け、県が選定した実装支援事業者(注記)が、実証に係る経費支援に加え、安全対策やより良い運用方法を提案するとともに、効果検証等を支援します。
(注記)㈱エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所

(5)募集要項等

本募集に関する詳細は、募集要項をご覧ください。募集要項は、実装支援者である㈱エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所のホームページよりダウンロードできます。

URL:https://www.nttdata-strategy.com/kanagawa_robot_pj_2022/

3 ロボット導入の手順書について

令和3年度に医療法人徳洲会湘南鎌倉総合病院で実施したロボットの導入実証の成果を基に、医療機関の参考となる手順書を作成しました。ぜひロボット導入の検討にご活用ください。

令和3年度の取組はこちら

(1)内容

ロボット導入の手順を、共通プロセスとケーススタディの2章に分けて記載しています。共通プロセスには、ロボットの種類に関係なく共通して実施した実施体制の構築や課題の設定、ロボットの選定などを記載しています。ケーススタディには、ロボットの種類によって個別に実施した運用方法の決定や、準備、効果検証などを記載しています。

(2)ダウンロード

こちら(PDF:3,806KB)から全章ダウンロードできます。

<各章のダウンロードはこちらから>

第1章(手順書について) ダウンロード(PDF:299KB)
第2章(共通プロセス) ダウンロード(PDF:2,799KB)
第3章(ケーススタディ)

①フロア案内ロボット:ダウンロード(PDF:1,095KB)
②入退院説明ロボット:ダウンロード(PDF:2,200KB)
③院内誘導ロボット:ダウンロード(PDF:2,709KB)
④搬送(重量物)ロボット:ダウンロード(PDF:1,243KB)
⑤清掃ロボット:ダウンロード(PDF:2,631KB)

(3)今後の活用について

本手順書を活用した医療機関向けのロボット導入セミナーの実施を予定しています。
セミナーについては、詳細が決まり次第、別途お知らせします。

4 今後のスケジュールについて(予定)

令和4年6月下旬 施設の選定
7月中旬 選定した施設の課題を解決するプロジェクトの募集
10月以降 選定した施設での導入実証

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は産業労働局 産業部産業振興課です。