更新日:2022年6月24日

ここから本文です。

消費生活相談

 

消費生活相談

 消費生活における各種トラブルに直面した際に、トラブル解決のための助言やあっせんを行う身近な消費生活相談窓口につながり、相談を受けることができます。

 消費者ホットライン 局番なし☎188(いやや)

  • 郵便番号等[注1]を入力いただくことで、お近くの市町村や県の消費生活センター、国民生活センター等の消費生活相談窓口をご案内いたします。
  • 相談窓口につながった時点から、通話料金のご負担が発生します。(相談は無料です)
  • 市町村で相談窓口を開いていない日や、特別な理由でお住まいの市町村での相談を希望しない場合は、県の消費生活センター(かながわ中央消費生活センター[注2])をご利用ください。

【お願い】
 消費生活相談は、1回の相談では終わらない場合があります。相談窓口の直通の電話番号を御案内しますので、相談の続きは、直通の電話番号へ電話してください。

 

[注1]電話の市外局番ではありません。誤った地域につながりますのでご注意ください。

[注2]かながわ中央消費生活センター相談窓口へ直接電話する場合

電話(045)311-0999

相談時間等の詳細は、かながわ中央消費生活センター相談窓口をご覧ください。

 

消費者ホットラインに関するお問い合わせ先

消費者庁 03-3507-8800(大代表) 消費者庁のホームページ「消費者ホットライン」もご覧ください。

 

 

消費生活相談に関連する取組み

かながわ消費生活注意・警戒情報

 消費生活相談窓口に寄せられた最近の相談事例の中から、消費者の皆様に特に知っていただきたい注意事項のほか、消費生活に関する様々な情報を提供しています。

神奈川県内における消費生活相談概要

 神奈川県内の消費生活センター等で受け付けた消費生活相談に関するデータを統計資料として取りまとめたものです。

くらしの中の商品情報/商品テスト

 商品の持つ特性による取扱い上の注意事項などについて、消費者へ周知し、注意喚起や情報提供を行うことを目的として実施しています。

多重債務者問題への取組み/相談窓口

 多重債務の問題を抱えて、生活を立て直そうとされている方々を対象に、県や民間団体など様々な機関が実施している取組みをご紹介しています。

県へ申出、情報提供(通報)について

 不当な取引等を行う事業者に関する申出、情報提供(通報)を受け付けています。

適格消費者団体等のご案内

 適格消費者団体とは、消費者全体の利益擁護のために、事業者の行う不当な行為に対する差止請求権を適切に行使することができる団体です。不当な契約事項や不当な表示などは、適格消費者団体へ情報提供を。

神奈川県内の消費生活相談窓口

 市町村消費生活相談窓口の電話番号や相談時間等です。お住まいの市町村の相談窓口をご利用ください。

 

 

 

消費生活トラブル用語集

 多く見られる消費者トラブルに関連する用語について、分かり易く解説しています。

かながわ中央消費生活センター

 県の消費生活相談窓口です。

  • 市町村で相談窓口を開いていない日
  • 特別な理由でお住まいの市町村での相談を希望しない方

 などお気軽に相談してください。

 消費生活相談員

  • 消費生活相談員に関する資格取得のご案内(消費者庁ホームページ)
  • 消費生活相談員有資格者名簿への登載について

 など消費生活相談員に関する情報をご紹介しています。

このページに関するお問い合わせ先

くらし安全防災局 くらし安全部消費生活課

くらし安全防災局くらし安全部消費生活課へのお問い合わせフォーム

相談第一グループ

電話:(045)312-1121(代表)

内線:2650-2652

ファクシミリ:(045)312-3506

このページの所管所属はくらし安全防災局 くらし安全部消費生活課です。