歯周病予防

掲載日:2018年7月11日

歯周病予防

歯周疾患を予防するためには、丁寧な歯みがきとともに、デンタルフロスや歯間ブラシ等を使用した歯間清掃が効果的です。かかりつけ歯科医や歯科衛生士に、自分にあった正しい歯みがきの仕方を指導してもらいましょう。

歯肉のセルフチェック

  • 自分の歯肉を観察して、歯周疾患の有無をチェックをしてみましょう。
  • セルフチェックのためのリーフレットを、(PDF:2,083KB)ダウンロードできます。
  • リーフレットの概要については、テキストファイル/1KBでもご覧いただけます。

思春期世代の歯周疾患予防

  • 歯周疾患の予防は、若いときからの丁寧なセルフケアが重要です。
  • そこで、思春期世代の方々に、自分の健康と向き合い、解決していく力を身に付けていただくために、「思春期の歯ぐき健康づくりプログラム」を検討し、プログラムを推進するためのガイドブックを作成しました。
  • 「思春期の歯ぐき健康づくりプログラムのためのガイドブック」は、下記からダウンロードできます。

PDFファイル

テキストファイル

歯間清掃のすすめ

歯周病は自分自身で行うセルフケアと歯科医師や歯科衛生士が行うプロフェッショナルケアの両輪で予防できます。
 セルフケアでは、丁寧な歯みがきと併せて、歯間ブラシやデンタルフロスを用いて歯間部の清掃を行うことが効果的です。
歯間清掃の効果

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。