ホーム > 産業・働く > 業種別情報 > 農業 > 農産物の上手な利用法(リンゴジャム/作り方(その2))

更新日:2022年3月14日

ここから本文です。

農産物の上手な利用法(リンゴジャム/作り方(その2))

「農産物の上手な利用法」のページでは、オープンラボで実験された農産加工実験や神奈川県農業技術センターの過去の研究成果を紹介しています。

作り方(その2)

 

(8)攪拌しながら加熱を続け、時々煮詰め具合いを確認する。

(9)良好な煮詰め具合になったら、殺菌したガラス瓶にジャムを入れる。(糖度60~65の煮詰めで、出来上がり量は3400gとなる。)

(10)ふたを軽くして、脱気殺菌する。

(11)脱気殺菌が終了したら、ふたを堅く閉め、倒立放冷する。

(12)倒立放冷が終了したら、流水で冷却する。

(13)ジャムが冷えたら、ビンの外側の汚れを完全に洗い落とし、水を拭き取る。

(14)製造に係わる情報を付けたラベルを貼り、冷暗所に保存する。


リンゴジャムの作り方のアドバイスへ
リンゴジャムの作り方・その1へ
リンゴジャムの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

生産環境部(品質機能研究課)
電話 0463-58-0333 内線344から345

このページの所管所属は 農業技術センターです。