マグカル(マグネット・カルチャー)について

掲載日:2018年12月6日

kamakura.noh02

マグネット・カルチャー(マグカル)

マグカルロゴ(神奈川文化プログラム)

 

県は、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー略して「マグカル」の取組を推進しています。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、市町村や関係団体と連携しながら神奈川の文化プログラムを推進しています。

 

マグカル事業

「県のたより」12月号の記載誤り(二次元コードのURL誤り)について

「県のたより」12月号において「マグカル開放区」に関する記事を掲載しましたが、記載した二次元コードのURLに誤りがありました。

県民の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、再発防止に努めます。

なお、正しいリンク先は「マグカル開放区」となります。

 

かながわ伝統芸能ふれあい祭

かながわ伝統芸能ふれあい祭を開催します。詳しくはこちら。

全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル

dancebattle

全国の予選を勝ち抜いた高校生がダンスの技を競い合う「全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル」を開催。
全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル特設HP
 

平成30年11月4日(日曜日)に開催した「第4回全国高等学校日本大通りストリートダンスバトル」、
優勝チームは神奈川県立川崎北高等学校 ディヴァスト!!

大会結果について詳しくはこちらをご覧ください。

マグカル開放区

毎週日曜日の午前9時から午後5時まで、県庁前の日本大通りは歩行者天国となりました。

イベントや行事で使用されない日は「マグカル開放区」として、音楽やダンス、ジャグリングなどのパフォーマンスを自由に発表できる空間を設けます。

神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019(かもフェス’19)

 次代を担う多様な演劇人を育成するとともに、20分の「短編演劇」という新たな演劇・生活文化 を発信する神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019(かもフェス’19)を開催します。

 現在、「短編演劇」の限界に挑むチャレンジャーを全国公募中です。詳細は公式ホームページでご確認ください。

神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019公式HP

マグカルシアター

若者が演劇、ダンス、音楽等の舞台芸術に関する発表や公演を行うことができる場として、県立青少年センター多目的プラザを活用し、マグカルシアターを開催しています。

平成30年度 マグカルシアターの公演予定 / 一覧表

 

 

A O SHOW

マグカルナイト

マグカルナイト

 

毎週水曜の夜はマグカルナイト!

 

共生共創事業

 

宮川舞子

「ともに生きる」「ともに創る」をテーマに文化芸術事業を開始します。

共生共創事業の詳細についてはこちら

地域コンテンツ推進事業

 平成29年度から、県内の「場」と「コンテンツ」を幅広く発掘し、両者のマッチングを行う本事業を実施しています。

 事業概要について詳しくはこちらをご覧ください。

舞台芸術人材育成

815962

神奈川文化プログラム認証制度

文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す事業・活動を「神奈川文化プログラム」として認証します。

神奈川文化プログラム認証制度

 

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる