箱根・大涌谷情報

掲載日:2018年10月9日

このページでは、箱根の安全・安心に関する情報を掲載しています。

観光情報については、箱根 観光情報をご覧ください。

規制状況

大涌谷周辺の警戒区域

現在、想定火口域(半径440mから530m)の楕円エリアと、県道734号(大涌谷小涌谷)大涌谷三叉路から大涌谷園地駐車場までが警戒区域として設定されています。

ただし、大涌谷周辺のハイキングコース及び自然研究路を除く大涌谷園地については、2016年7月26日(火曜)より、9時から17時までの間、立入ることができます。

注意:警戒区域とは、災害対策基本法に基づき市町村長が設定するもので、当該区域への立入制限には強制力が伴います。

大涌谷周辺の規制状況図

県道の通行止め

現在、県道734号(大涌谷-小涌谷線)の大涌谷三叉路から大涌谷園地駐車場までを通行止めとしております。
ただし、2016年7月26日(火曜)より、9時から17時までの間、通行できます。
通行規制については、今後の火山活動状況により変更する場合があります。

ハイキングコースの通行止め

防ケ沢 - 駒ヶ岳 - 大涌谷 - 早雲山駅および姥子駅の全長約3km

大涌谷の状況

大涌谷園地について

箱根は噴火警戒レベル1に下がっており、平常と変わることなく観光を楽しめますが、火山ガスの影響を受けやすい、ぜん息、気管支疾患、呼吸器疾患、心臓疾患、心臓ペースメーカーを装着している方は、生命に関わりますので、大涌谷園地への観光はお控え願います。

仙石原遠望カメラ

大涌谷全体の噴気活動を監視するため、ライブカメラの運用を行っています。
火山活動状況について、詳しくは、温泉地学研究所の観測データ公開ページをご覧ください。

※現在、配信を一時的に停止しております。ご迷惑をおかけいたします。

撮影場所:箱根町仙石原(春山荘地内)

注意:夜間は画面が暗くなります。ご了承ください。