食品表示に関する相談窓口(食品関連事業者の方)

掲載日:2020年4月16日

食品関連事業者の方を対象とした相談窓口等をご案内しています。

食品表示法に関する相談受付窓口

食品表示法以外の表示に関する対応機関

神奈川県以外の対応窓口

食品表示に関するパンフレット

食品表示に関する情報

食品表示法に関する相談受付窓口 

●食品関連事業者の皆様からのご相談は、主たる事務所の所在地を管轄する保健福祉事務所、保健所等となりますので、下記の対応機関にお尋ねください。

なお、下記の他、計量法、不正競争防止法、牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法などがあります。
※各法令により、食品を表示する事業者への指導・措置権限が国など県以外である場合があります。

※食品表示法第15条に関する政令について
政令指定都市内のみに事業所を有する食品関連事業者に対する事務が、平成28年4月1日より、県から政令指定都市に移譲されました。

● 対応機関

担当事項 対応機関

衛生事項

加工食品等の消費期限(賞味期限)、保存方法、食品添加物等の表示
遺伝子組換え食品、アレルゲンを含む食品の表示
など

○横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町の方

各市保健所・保健福祉センター

○上記以外の県域の方

県保健福祉事務所(各センターを含む)一覧

品質事項

加工食品の名称、原材料名、原料原産地名等の表示
生鮮食品の名称や原産地名等の表示
米の産地、品種、産年、精米年月日等の表示
遺伝子組換え食品の表示
など

○横浜市の方 (045-671-3378(直通))

横浜市食品衛生課

○川崎市の方(044-200-0878(直通))

川崎市食品安全課

○相模原市の方(042-769-8239(直通))

相模原市農政課 

○横須賀市、藤沢市、茅ケ崎市、寒川町の方(0467-83-1500(直通))

県生活衛生課茅ケ崎駐在事務所 

○上記以外の県域の方

県保健福祉事務所(各センターを含む)一覧

保健事項

特別用途食品(特定保健用食品、病者用食品等)の表示
加工食品等の栄養表示(栄養成分、熱量表示など)
栄養機能食品の表示
機能性表示食品の表示

など

県健康増進課

食品表示法以外の表示に関する対応機関

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)、健康増進法、米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律

● 対応機関

担当事項 対応機関

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)

食品等について、実際のものより著しく優良であると一般消費者に示す不当表示(優良誤認)の規制
食品等について、実際のものより取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認させる不当表示(有利誤認)の規制
無果汁の清涼飲料水、商品の原産国等に関する不当な表示の規制
など

県消費生活課
電話045-312-1121

内線2630から2633

相談受付時間 月曜日から金曜日(土曜日・日曜日・祝日を除く)

8時30分から12時まで及び13時から17時15分まで

健康増進法

健康の保持増進の効果等についての虚偽誇大表示の禁止

県健康増進課

米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律(米トレーサビリティ法)

取引等の記録の作成・保存

産地情報の伝達

県農業振興課

神奈川県以外の対応窓口

食品表示法の相談・被疑情報の受付窓口(消費者庁ホームページ)

独立行政法人 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)

食品表示110番(農林水産省ホームページ)


食品表示に関するパンフレット(参考)


消費者庁(食品表示全般に関すること)

食品表示にかかる制度等(食品表示法)

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)

健康食品

健康や栄養に関する表示の制度について

ゲノム編集技術応用食品の表示に関する情報

農林水産省

食品表示とJAS規格

農林水産省関東農政局

厚生労働省

「健康食品」のホームページ

指定成分等含有食品(関係法令等)

「「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」の食品衛生法上の取扱いの改正について」の一部改正について

ゲノム編集技術応用食品等

独立行政法人 農林水産消費安全技術センター

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。