PM2.5(微小粒子状物質)について

掲載日:2016年3月29日

本日の高濃度予報のページへ(毎日8時、13時頃更新)本日の速報値のページへ(1時間更新)キンタロウマーク

参考:日本気象協会Tenki.jp-PM2.5分布予測(神奈川県)
(日本全国及び各エリアの今後3日間のPM2.5の分布予測がご覧いただけます。別ウィンドウで表示します。)

「PM2.5の高濃度予報とは?」のページへ

「高濃度になりそうな場合の対応は?」のページへ

「PM2.5の環境基準について」のページへ

関連情報

「過去の測定結果」のページへ

「測定局一覧」のページへ

「PM2.5とは」のページへ

「健康への影響」のページへ

「かながわの取組み」のページへ

「よくある質問」のページへ

「PM2.5低減のために」のページへ

「関連リンク集」のページへ

本日の速報値について

本県では環境省に認証された自動測定機により測定を行っていますが、一般的にPM2.5自動測定機は測定原理の特性上、1時間値の精度が確認されていません。

また、異物の混入などにより一時的に高い値が表示される場合もありますので、「本日の速報値」については、現在の傾向を把握するための参考としてご覧ください。(日平均値については標準的な測定方法による濃度と等しいものと認められています。)

参考:PM2.5の改善に向けた冬季大気汚染対策について

冬季大気汚染対策イラスト

冬季は交通量の増加や、事業所での暖房機器(ボイラー)の使用、気象条件などの影響により、PM2.5(微小粒子状物質)の原因物質である窒素酸化物(NOx)の濃度が高くなる傾向があります。

PM2.5などの大気汚染物質の改善に向けて、公共交通機関の利用や暖房の適切な温度設定などを心がけましょう!

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 環境農政局 環境部 大気水質課 です。