傾聴ボランティア養成講座(入門コース)<茅ヶ崎会場>

掲載日:2016年1月9日

【講座実施団体:NPO法人シニアライフセラピー研究所

「傾聴」(人の話に耳を傾ける)はコミュニケーション能力で最も重要なスキルです。傾聴はただ単にお話を聞く会話とは違い、相手のこころに寄り添うものです。傾聴から多くのものを学び、ボランティア活動や日常の生活に活かしてみませんか?
 自分自身の成長と人と人との絆つくりなどを通して、心の通う豊かな地域社会を築くことにつながる講座です。

※一般社団法人かながわ土地建物保全協会の「平成27年度人材育成支援事業助成金」対象講座です。(NPO法人等が直接雇用するスタッフ等の研修受講料が助成されます。詳しくは同協会ホームページ参照 https://www.thk.or.jp/

※本講座の受講申込みの受付けは終了しました。


講座実施期間

 平成28年1月8日(金曜)~平成28年2月5日(金曜) 全4回

日時

テーマ

概要

講師

1月8日(金)

9:30-11:00

傾聴とは?

傾聴とは?

姿勢・関心について

(講義とグループワーク)

 

特定非営利活動法人

シニアライフセラピー研究所

理事長 鈴木しげ

 

11:00-12:30

傾聴者の心得

体験学習オリエンテーション

傾聴者の心得について

(講義とグループワーク)

1月15日(金)

9:30-11:00

日常傾聴

日常生活で活用できる傾聴について

(講義とグループワーク)

 

アクティヴリッスン

代表 澤村直樹

 

11:00-12:30

寄り添う会話

相手に寄り添う会話について

(講義とグループワーク)

1月22日(金)

9:30-11:00

間・分ける

様々な間や感じ方について

(講義とグループワーク)

 

特定非営利活動法人

シニアライフセラピー研究所

理事長 鈴木しげ

11:00-12:30

読み・感じる

言葉でないものから感じとることについて

(講義とグループワーク)

2月5日(金)

9:30-11:00

活動に向けて

傾聴ボランティア活動をされる方々に伝えたいこと (講義とグループワーク)

 

特定非営利活動法人

シニアライフセラピー研究所

理事長 鈴木しげ

11:00-12:30

傾聴実践ワーク

まとめ

傾聴実践ワーク

講座を振り返ってのまとめ

(講義とグループワーク)

※講座期間中1/8~2/5の間に、希望者には施設での体験を実施します。

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内で活動する団体
  • これから県内で活動を予定している方及び団体

受講募集期間

 平成27年12月18日(金曜)まで

受講定員

 35人

受講場所

茅ヶ崎市民文化会館 大会議室

茅ヶ崎市茅ヶ崎1-11-1 茅ヶ崎市民文化会館4階

茅ヶ崎市民文化会館 地図

JR東海道線、相模線ご利用の方

  • 茅ヶ崎駅北口より徒歩8分

受講料

 6,000円

受講料の納付

 受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、指定する期日までに最寄の金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
 なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。 


休講等

 講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。

修了証

 講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
 ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。

神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。