災害ボランティアコーディネーター養成講座(中級)

掲載日:2017年10月14日

【講座実施団体:NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク
 自然災害の多い日本において、災害ボランティアコーディネーターの活躍は欠かせません。地域の受援力や支援力の向上のために、いざという時に行動できる人材を育成することが重要です。本講座は図上訓練や避難所運営訓練の企画と指導を行う災害ボランティアコーディネーターの指導者を養成する講座です。
 養成講座(初級編)を修了された方や、既に地域の自主防災組織や災害ボランティア団体に参加して活動を行っている方を対象として実施します。

※本講座の受講の申し込みの受付は終了しました。


 

講座実施期間

平成29年10月14日(土曜日)から11月11日(土曜日) 全4回

1

10/14
(土曜日)

10:00から16:00

-神奈川県地域防災計画と県安全防災局の動き      

神奈川県の特徴に応じた対策を学ぶ   

<講義とワークショップ>

-図上訓練(DIT) 中級編(1)

図上訓練の企画作成から指導を実習し、指導力をつける (その1)

<講義とトレーニング>

神奈川県安全防災局安全防災部長

杉原 英和

桐蔭横浜大学客員教授

佐藤 榮一

2

10/21
(土曜日)

10:00から16:00

-図上訓練(DIT) 中級編(2)                  <トレーニング>

図上訓練の企画作成から指導を実習し、指導力をつける (その2)

-県の被害想定から考える災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンター立ち上げの実際を学ぶ (その1)

<講義とワークショップ>

神奈川災害ボランティアネットワーク

 

東京経済大学名誉教授

県地震被害想定調査委員会委員長  吉井 博明

3

10/28
(土曜日)

10:00から

16:00

-災害ボランティアセンター立ち上げに向けて

災害ボランティアセンター立ち上げの実際を学ぶ (その2)

<講義とワークショップ>

-避難所運営訓練(HUT) 中級編       

避難所運営の企画作成から指導を実習し、指導力をつける

                      <トレーニング>

中越防災安全推進機構震災アーカイブス・メモリアルセンター長

             稲垣 文彦

神奈川災害ボランティアネットワーク

4

11/11
(土曜日)

10:00から12:30

―災害ボランティアセンター立ち上げに向けての実際

災害ボランティアセンター立ち上げを初めから最後まで企画・運営することを体験し、センター立ち上げの指導者をめざす

<トレーニング>

神奈川災害ボランティアネットワーク

※カリキュラム・講師は都合により変更になる場合があります。

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内でボランティアやNPO等として活動をしている方及び団体
  • 県内でボランティアやNPO等として活動を予定している方及び団体

受講申込期限

 平成29年9月29日(金曜日)

受講定員

 35人

受講場所

かながわコミュニティカレッジ講義室 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階

かながわ県民センターの地図

JR、京浜急行線、みなとみらい線、東急線、相鉄線ご利用の方

  • 横浜駅西口より徒歩5分
  • 横浜駅きた西口より徒歩3分

横浜市営地下鉄ご利用の方

  • 地下鉄横浜駅出口8番から地下街を通り、中央モールを左折し、北6番出口を出て徒歩2分

受講料

7,500円

受講料の納付

 受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、指定する期日までに最寄の金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
 なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。 

休講等

 講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。

修了証

 講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。

備考

 現在、かながわ県民センターでは改修工事を行っており、騒音が生じる場合がありますので、ご了承ください。
改修工事については、 こちら をご覧ください。

神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。