子ども支援をはじめよう~子どもの今と未来

掲載日:2016年6月17日

【講座実施団体:(一社)ソーシャルコーディネートかながわ/協力:子ども未来サポートオフィス】

 子どもたちが抱える多様で複雑な課題(いじめ、虐待、ひきこもり、障がい、貧困)の実態など、さまざまな視点から、子どもが今おかれている状況を知ります。また、現場で子どもたちの支援をしている団体の活動事例を織りまぜながら、子ども支援の現状を学び理解を深める講座です。子どもの今を知ることで、子どもたちやその家族をサポートするために、何が必要なのか、何ができるのかを考えます。

※当講座の受講申込みの受付は終了しました。


講座実施期間

平成28年7月15日(金曜)~8月5日(金曜)

日 時

テーマと概要

講 師

7月15日(金)13:30 ~16:30

子ども支援をはじめよう ~子どもの貧困に関わる支援活動

現代の子どもが抱える課題と支援活動についての概論、子どもの貧困に関わる支援活動について学ぶ<講義・ワーク>

 

自己紹介 

参加動機を整理し、参加者どうしが出会う<ワーク>

子どもの未来サポートオフィス

代表 米田 佐知子

未来共想オフィス

須田 洋平

 

(一社)ソーシャルコーディネートかながわ

副理事長 藤枝 香織

7月22日(金)13:30 ~16:30

子どもが身を寄せる場をつくる

居場所に集う子ども達の姿とその支援活動から、外国につながる子どもを取り巻く課題を学ぶ<講義・ワーク>

 

子どもシェルター活動を通じて見えてくる子どもたちの姿、制度的課題、子どもの権利について学ぶ<講義・ワーク>

◆コーディネーター 米田 佐知子

 

ことぶき学童保育指導員

石井 淳一

 

NPO法人子どもセンターてんぽ

理事 高橋 温

7月29日(金)
13:30
 ~16:30

地域で子どもを見守るつながりづくり

子どもを見守り育てていく地域づくり、学校・地域・NPOの連携について学ぶ<講義・ワーク>

 

 

子どもの遊びの現状とプレイパーク活動、地域で子どもを育てていくということを学ぶ<講義・ワーク>

◆コーディネーター米田 佐知子

 

NPO法人A.S.C.C 理事

 

総合型地域スポーツクラブ「あ☆らいぶ」

クラブマネージャー 髙橋 由美子

 

NPO法人横浜にプレイパークを創ろうネットワーク 理事

港南台生き生きプレイパーク  代表 岡野 富茂子

8月5日(金)13:30
 ~16:30

子どもとの関係づくり ~居場所スタッフとしての経験から

不登校、障がい、いじめ等、子どもの居場所を通じて見えてくる様々な現状から若者の就労支援までを考える<講義・ワーク>

 

これからの自分の活動を考えるワーク 

各自がどのように子ども支援に取り組めるかを考え、全体共有をしてコーディネーターから助言をもらう<ワーク>

NPO法人フリースペースたまりば

理事 佐藤 有樹

子どもの未来サポートオフィス

代表 米田 佐知子

 

(一社)ソーシャルコーディネートかながわ

副理事長 藤枝 香織

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内で活動する団体
  • これから県内で活動を予定している方及び団体

受講募集期間

平成28年6月16日(木曜) 

受講定員

 35人

受講場所

かながわコミュニティカレッジ講義室 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階

かながわ県民センターの地図

JR、京浜急行線、みなとみらい線、相鉄線ご利用の方

  • 横浜駅西口より徒歩5分
  • 横浜駅きた西口より徒歩3分

横浜市営地下鉄ご利用の方

  • 地下鉄横浜駅出口8番から地下街を通り、中央モールを左折し、北6番出口を出て徒歩2分

受講料

6,000円

受講料の納付

 受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、指定する期日までに最寄の金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
 なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。 


 

休講等

 講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。

修了証

  講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
 ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。

神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。