災害救援ボランティアコーディネーター養成講座

掲載日:2016年7月2日

【講座実施団体:NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク

 私たちの生活は常に、さまざまな自然災害と隣り合わせにあります。被災地で設置される災害救援ボランティアセンターでは、被災地の情報収集や全国各地から集まったボランティアスタッフのコーディネートを担う役割の「ボランティアコーディネーター」が活躍しています。この講座では、ボランティア活動の基礎や応用、住んでいる地域の「減災」活動と被災者支援について災害対応事例などを学び、各地域での「コーディネーター」への第一歩を踏み出します。

※一般社団法人かながわ土地建物保全協会の「平成28年度人材育成支援事業助成金」対象講座です。(NPO法人等が直接雇用するスタッフ等の研修受講料が助成されます。)
 詳しくは協会ホームページ参照https://www.thk.or.jp/

※当講座の受講申込みの受付は終了しました。


講座実施期間

平成28年7月2日(土曜)~8月20日(土曜) 全6回

日 時

テーマと概要

講 師

7月2日(土)9:30-16:00

オリエンテーション 講座の目的

神奈川県地域防災計画  県内のリスクと対策・地域防災計画を学ぶ

災害救援ボランティアとしての活動 災害時のシナリオ①<ワークショップ>

NPO法人神奈川災害ボランティアネットワーク

理事長 植山 利昭

県安全防災局安全防災部災害対策課

神奈川災害ボランティアネットワーク

7月9日(土)10:00-16:00

災害救援ボランティアとしての活動 

災害時のシナリオ②、クロスロード

神奈川災害ボランティアネットワーク

7月23日(土)10:00-16:00

災害時ボランティアコーディネーターとしての活動基礎

災害時ボランティアセンター開設に向けて基礎①

図上訓練(DIG)<ワークショップ>

(社福)全国社会福祉協議会全国ボランティア・市民活動振興センター
神奈川災害ボランティアネットワーク

7月30日(土)10:00-16:00

災害時ボランティアコーディネーターとしての役割

災害時のコーディネート

災害時の被災者対応<ワークショップ>

認定NPO法人レスキューストックヤード

8月6日(土)10:00-16:00

災害時ボランティアコーディネーターとしての活動応用

災害時ボランティアセンターの立ち上げに向けて①

災害時ボランティアセンターの立ち上げに向けて②<ワークショップ>

神奈川災害ボランティアネットワーク

8月20日(土)10:00-16:00

地域減災活動・災害対応活動の事例に学ぶ

学んだ内容を地域の減災・災害対応活動にどうつなげるか

<活動団体による事例発表/グループディスカッション>

まとめ フォローアップ体制とステップアップ講座について

神奈川災害ボランティアネットワーク

受講対象者

  • 県内に在住、在勤、在学の方
  • 県内で活動する団体
  • これから県内で活動を予定している方及び団体

受講募集期間

 平成28年6月16日(木曜)まで 

受講定員

 35人

受講場所

かながわコミュニティカレッジ講義室 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター11階

かながわ県民センターの地図

JR、京浜急行線、みなとみらい線、相鉄線ご利用の方

  • 横浜駅西口より徒歩5分
  • 横浜駅きた西口より徒歩3分

横浜市営地下鉄ご利用の方

  • 地下鉄横浜駅出口8番から地下街を通り、中央モールを左折し、北6番出口を出て徒歩2分

受講料

13,500円

受講料の納付

 受講が決定した方には、受講料の納付書をお送りしますので、指定する期日までに最寄の金融機関で納付していただきます(ゆうちょ銀行での納付はできません)。
 なお、一度お納めいただいた受講料は、不慮の事故等やむを得ない場合を除き、お返しできませんのでご了承ください。 


休講等

 講師の都合や交通機関の遅延・運休、自然災害等により当日の講義が実施不可能となった場合は休講とし、別の日に補講を実施します。

修了証

  講義開催コマ数の3分の2以上出席された方には、修了証を交付します(資格を付与するものではありません)。
 ただし、 団体として受講された場合は、原則交付の対象となりません。

 

 

神奈川県

このページの所管所属は かながわ県民活動サポートセンター です。