更新日:2022年1月27日

ここから本文です。

「バーチャル開放区2021」再び開放宣言!!

「バーチャル開放区2021」入賞作品決定!!

コロナ禍で中止している「マグカル開放区」(県庁前日本大通りにおける音楽やダンスなどのパフォーマンスを自由に発表できる空間)の会場をオンライン上に移して、文化芸術オールジャンルの動画を募集し、配信する取組「バーチャル開放区2021」を実施しました。

コロナ禍に生きる全ての方や、友人、家族などの身近な方々への感謝、自分自身の想いなどをテーマに動画を募集したところ、572作品の応募があり、その中から入賞作品を決定しました!!

visual

受賞作品

1位 『仲間』 こすかのつっきー

/images/62889/nakama.jpeg

コロナ禍を経験したからこそ見えた当たり前の大切さや将来への希望など、強いメッセージ性があり、見る人を励ましてくれる作品【EXILE ÜSA】

コロナで最後の舞台がなくなった悲しさや、彼女たちの一つ一つのメッセージも存分に伝わってきて、さらに仲間としての絆や彼女たちの力強さも同時に感じられた作品【CHEMISTRY 川畑 要】

2位 『希望花』 ColorhythmRisa

/images/62889/kiboubana.jpeg

コロナ時代で感じた苦しさから、前向きな想いへと変化していく過程が、描かれている作品の色彩や光にも投影されており、見る人に希望と感動を与える作品【EXILE ÜSA】

絵の表現力に圧倒され、ストーリー性も感じ、今の世界も最後にはみんなが笑顔になるであろうという希望を込めた作品【CHEMISTRY 川畑 要】

3位 『The Virtual Yo-Yo Show by SHU TAKADA』 SHU TAKADA

/images/62889/yoyo.jpeg

世界を6度制している圧巻のパフォーマンスに加え、引き込まれるような映像構成により、見る人の心を明るくし、楽しませてくれる作品【EXILE ÜSA】

テクニック、音ハメ、映像の加工の使い方など多岐に渡り魅了された。ストリート感もあり、テンポも良く、目が離せない作品【CHEMISTRY 川畑 要】

県民賞 『鷲見坂(ワシン坂)』 調草子 Kaori-ne

/images/62889/washinzaka.jpeg

リモートによる映像制作には時代の特徴がよく反映されており、手紙をテーマに、コロナ禍で感じた人との触れ合いの大切さや未来への希望が込められた力強い作品【EXILE ÜSA】

曲調、言葉、一つ一つに深みがあり、ワシン坂に一度は訪れ、そこから見える景色を見てみたくなるような作品【CHEMISTRY 川畑 要】

特別賞 『家族写新』 村岡哲至+表現村岡家

/images/62889/kazokushashin.jpeg

コロナ禍での表現活動や家族のあり方を、実際の家族による演出やアニメーションを用いた映像により表現した心温まる作品

特別賞 『すっぴん』 宏菜

/images/62889/suppin.jpeg

可愛らしい絵とは対照的に、説得力ある歌詞や力強い歌唱力が際立つ作品

ミライ賞 『夜空ノムコウ』 神奈川県立湘南高校合唱部

/images/62889/yozoranomukou.jpeg

コロナ禍で失った学生生活の苦悩や想いをSMAPの名曲「夜空ノムコウ」にのせて、湘南の風景等で描写した清々しい作品

伝統芸能賞 『里神楽』 注射こわぃ

/images/62889/satokagura.jpeg

「ワクチン接種」という旬なテーマを用いることにより、歴史ある伝統芸能「里神楽」を身近に感じさせる親しみある作品

ねんりん賞 『年輪』 横須賀シニア劇団「よっしゃ!!」

/images/62889/nenrinn.jpeg

コロナ禍ならではのリモートツールを活用し、モニターを通じてそれぞれが同期して、一つの物語を完成している努力作品

協賛賞作品

 協賛賞作品一覧(PDF:114KB)

全応募作品

 バーチャル開放区公式チャンネル

審査員

EXILE ÜSA                  CHEMISTRY 川畑 要

usa    kawabata2

広報大使

渡部 歩(「バーチャル開放区2020」初代王者)

ayu

 

実施概要

(1)募集期間 令和3年7月9日(金曜日)から9月30日(木曜日)まで

(2)募集条件

 ・プロ・アマや個人・団体の別、年齢、住所地、国籍は問わない

 ・「コロナ時代を生きる!」をテーマとした文化芸術分野の動画であること

 ・原則5分以内の動画であること

 ・動画制作に当たり感染症防止対策を行うこと

(3)応募件数 572件

(4)再生数カウント期間 応募受付(動画公開)から10月31日(日曜日)まで

このページに関するお問い合わせ先

国際文化観光局 文化課

国際文化観光局文化課へのお問い合わせフォーム

プロモーション支援グループ

電話:045-285-0219

このページの所管所属は国際文化観光局 文化課です。