更新日:2022年11月24日

ここから本文です。

循環器病対策

本ページでは、循環器病対策推進計画、循環器病対策推進協議会に関する情報を掲載しています。

神奈川県循環器病対策推進計画の策定について

令和元年12月1日に施行された「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」第11条の規定に基づき、令和4年3月に「神奈川県循環器病対策推進計画」を策定しました。

神奈川県循環器病対策推進計画本文(PDF:3,297KB)

計画の概要

計画期間

令和4年度から令和5年度の2年間

全体目標

〇 基本法及び基本計画に照らし、「循環器病の未病改善や正しい知識の普及啓発等」、「保健、医療及び福祉に係るサービスの提供体制の充実」及び「循環器病の研究推進」の3つの施策に取り組むことにより、「健康寿命の延伸、循環器病の年齢調整死亡率の減少及びQOLの向上」を目指します。

〇 そのことにより、すべての県民が健やかに安心してくらせる社会の実現を目指します。

策定の検討状況について

計画の策定にあたっては、神奈川県保健医療計画推進会議の下部組織である、脳卒中医療連携検討部会及び心血管疾患医療連携検討部会を計画策定の検討の場として活用しました。

神奈川県保健医療計画推進会議 脳卒中医療連携検討部会兼心血管疾患医療連携検討部会のページ

 

世界脳卒中デーライトアップについて

10月29日は、世界脳卒中機構(WSO)の設立を記念して制定された、「世界脳卒中デー(World Stroke Day)」となっています。

世界脳卒中機構のシンボルカラーである「インディゴブルー」にちなんで、県庁本庁舎を青くライトアップします!

詳しくはこちらをご覧ください。

神奈川県循環器病対策推進協議会

神奈川県における循環器病対策の取組みについて、専門的見地から検討するため、「神奈川県循環器病対策推進協議会」を設置しています。

名称

神奈川県循環器病対策推進協議会

設置根拠要綱等

神奈川県循環器病対策推進協議会設置要綱

設置年月日

令和4年6月1日

設置目的

「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」(平成30年12月14日法律第105号)第11条に規定する都道府県計画である「神奈川県循環器病対策推進計画」(以下「計画」という。)の推進等に関し必要な事項を検討するため。

構成員数・選任期間

15人・2年

公募構成員の有無

公募構成員 なし

選任していない理由

高度な専門知識を必要とするため

構成員の氏名(所属・役職名等)

構成員の氏名 (所属・役職名等)

青地 千晴   (一社)神奈川県介護支援専門員協会 理事
伊苅 裕二   東海大学医学部教授 
笠原 酉介   神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会
川勝 弘之   日本脳卒中協会副理事長(患者当事者) 
後藤 隆久   横浜市立大学付属病院 病院長 
笹生 正人   (公社)神奈川県医師会 理事
鈴木 龍太   (公社)神奈川県病院協会 常任理事 
砂田 麻奈美  (公社)神奈川県看護協会 
土田 成明   患者当事者 
長谷川 泰弘  聖マリアンナ医科大学特任教授・新百合ヶ丘総合病院脳卒中センター長 
長谷川 嘉春  神奈川県小田原保健福祉事務所長 
林 裕二    神奈川県消防長会 
眞茅 みゆき  北里大学 看護学部教授 
松前 光紀   横浜新緑総合病院 病院長 
宮入 剛    聖マリアンナ医科大学 医学部主任教授 

五十音順・敬称略

意見を求める事項

神奈川県循環器病対策推進計画の検討及び見直しに関すること。

神奈川県循環器病対策推進計画の進捗及び評価に関すること。

その他循環器病対策の推進に関すること。

会議公開

公開

会議開催日・会議記録等

令和4年度 第1回(令和4年10月13日)

・開催予定

・審議速報

・会議結果

所属名、担当者名

医療課地域包括ケアグループ 大津

 

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は健康医療局 保健医療部医療課です。