宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSにご注意ください!

掲載日:2020年12月16日

  請求書に戸惑うニャン吉

事案の概要

 全国の消費生活センター等に、宅配便業者を装った「不在通知」の偽SMSに関する相談が寄せられています。消費者に送られてくるSMSには偽サイトに誘導するためのURLが記載されており、偽サイトにアクセスして不正なアプリをインストールしたり、ID・パスワード、暗証番号、認証コード等を入力したりすることで身に覚えのない請求を受けるケースが見られます。国民生活センターが、消費者の皆さまに注意を呼び掛けていますのでお知らせします。

相談事例

  • 「不在通知」のSMSが届きリンク先にアクセスしたあと、海外宛てにSMSが100回以上送信されていて、通信料を1万円以上請求された。
  • 「不在通知」のSMSを受け取りブラウザの更新をしたら、海外と国内宛てにSMSが送信されていて、通信料を1万円以上請求された。
  • 「不在通知」のSMSに記載されていたURLにアクセスしたあと、キャリア決済で電子マネーを購入されていた。
  • 「不在通知」のSMSが来てIDなどを入力したら、プラットフォームで決済されてしまった。

ご注意いただきたいこと

トラブルに遭わないために…

  • SMSやメールで「不在通知」が届いても、記載されているURLには安易にアクセスしないようにしましょう。
  • URLにアクセスした場合でも、提供元不明のアプリをインストールしたり、ID・パスワード等を入力したりしないようにしましょう。

操作してしまったら…

  • 不正なアプリをインストールした場合にはスマートフォンを機内モードにして、アプリをアンインストールしましょう。
  • 偽サイトにID・パスワード等入力してしまったら、すぐに変更しましょう。

日ごろの対策として…

  • 迷惑SMSやメール、ID・パスワード等の不正利用への事前対策をしておきましょう。
  1. 携帯電話会社の対策サービスやセキュリティーソフト等を活用しましょう。
  2. ID・パスワード等の使い回しはやめましょう。
  3. キャリア決済の限度額を必要最小限に設定するか、利用しない設定に変更しましょう。

 

トラブルのイメージ

 トラブルのイメージ

宅配業者を装った偽SMSによるトラブルのイメージ

 

詳しくは、国民生活センターの報告書本文[PDFファイル/599KB]をご覧ください。

 

疑問や不安を感じた場合には、お近くの消費生活相談窓口までご相談ください。
消費者ホットライン「188(いやや!)」番に掛けると、お近くの消費生活相談窓口をご案内いたします。

消費生活相談は、消費者ホットライン188番をご利用ください

188 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。