麻薬取扱者免許の継続申請手続きについて

掲載日:2021年8月5日

 麻薬施用者・麻薬管理者・麻薬小売業者・麻薬卸売業者・麻薬研究者の免許の有効期間は、免許の日からその日の属する年の翌々年の12月31日までです。
 有効期間満了後も引き続き免許を取得する場合は、麻薬及び向精神薬取締法第3条の規定に基づく免許申請の手続が必要になります。
 なお、麻薬年間届の提出や、通常の新規申請手続きについて等の詳細は、麻薬取扱者免許の手続きのページをご覧下さい。

令和3年継続申請の手続について

令和3年度の継続申請対象者は、免許番号が「9」から始まる免許証をお持ちの方です。
 詳しくは、麻薬取扱者免許の継続申請について(PDF)をご覧ください。


継続して免許を取得しない場合は、業務廃止届等の提出が必要となります。
その際は、麻薬取扱者免許の継続申請手続きを行わない方へ(PDF)をご覧ください。

継続申請に関する様式一覧

 継続申請時

 旧免許返納時

 現免許に変更がある場合

 次の書類については、継続して免許を取得しない場合に必要となることがあります。

関連情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa