ホーム > 健康・福祉・子育て > 心身の健康 > 未病改善・健康づくり > 未病の改善について詳しく知る > 「心」「体」「行動」が?と感じたら、「ストレス」のサインかも

更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

「心」「体」「行動」が?と感じたら、「ストレス」のサインかも

 人は多かれ少なかれストレスを抱えていますが、ストレスをためやすいかどうかには個人差があります。頑張り過ぎてしまう「完璧主義の人」や「まじめすぎる人」、何事にも否定的で「ちょっとしたことで自分を責める人」は、ストレスをためやすいといわれています。

 ストレスと上手に付き合っていくコツは、自分の「ストレスに気付く」こと。ストレスがたまると、「抑うつ気分」「不安」「イライラ」などの心の問題や、「めまい」「頭痛」「胃痛」「下痢・便秘」「腰痛」「アレルギー」「高血圧」「動悸(どうき)」といった体の問題が現れます。また、「仕事上のミスや事故」「暴飲暴食」などの行動もストレスがたまっているサインです。ストレス解消法は人ぞれぞれですので、自分に合ったストレスへの対処法を見つけることが大切です。

 

「心」「体」「行動」が?と感じたら、「ストレス」のサインかも

 

※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

未病産業グループ

電話:045-210-2715

ファクシミリ:045-210-8865

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。