更新日:2021年4月15日

ここから本文です。

静的ストレッチで、副交感神経を活発に!

 体を動かすと、通常、血圧や心拍数が上がり、心身を活動的にする交感神経が働きます。しかし、「静的ストレッチ」といわれる柔軟体操などを行うと、心身がリラックスし、血圧や心拍数を下げ、副交感神経の働きが活発になります。これは、ほかの運動にはない独自の効果です。副交感神経が働くと、血管が柔らかくなり、広がるため、ストレッチによって、動脈硬化の予防や血圧を下げる効果が期待できるのです。

 また、副交感神経が活発になると同時に大脳の興奮が治まり、腰痛やひざの痛みなど、慢性的な痛みを和らげることができます。

 筋肉や関節をじっくり伸ばす「静的ストレッチ」は、副交感神経を活発にする唯一の運動です。大切なポイントは、「気持ちよい」と感じる強さで行うことです。30秒以上時間をかけてゆっくりと筋肉を伸ばすことで、十分な効果を得ることができます。呼吸は止めず、ふだんよりもゆっくりと深く息をするように意識します。また、伸ばしている筋肉を意識しながら行うと、効果が高まります。

静的ストレッチで、副交感神経を活発に!

 


※このページは、権利者の許諾を得た上で、「日本健康マスター検定(健検)」の公式テキストを基に作成しています。

ロゴ

(日本健康マスター検定の公式HPにリンクします。)

このページに関するお問い合わせ先

政策局 いのち・未来戦略本部室

政策局いのち・未来戦略本部室へのお問い合わせフォーム

未病産業グループ

電話:045-210-2715

ファクシミリ:045-210-8865

このページの所管所属は政策局 いのち・未来戦略本部室です。