海のルールを守りましょう!!

掲載日:2020年5月25日
近年、採ってはいけない魚介類を採る密漁などの「磯荒らし」が増加しています。サザエなど漁業権の対象となる魚介類を採ったり、水中眼鏡とやすを併用するなど禁止されている方法をとると、最高で6か月以下の懲役もしくは20万円以下の罰金に処されることがあります。本県では陸上での取締回数を増やすなど、磯荒らし対策を強化しています

top

神奈川県は、江戸前の海の幸をはぐくむ東京湾と黒潮の影響を受ける相模湾に面しており、多くの魚介類が生息しています。そのため、県民のほか、首都圏から毎年多くの海水浴客をはじめ、釣りやマリンスポーツを楽しむ大勢の方が訪れ、神奈川県の海を楽しんで頂いています。

しかし、釣りやレジャーをお楽しみ頂く方にも、守って頂きたいルールがあります。このページでは、神奈川県で決められている決まりを基に、海のルールをご紹介します。

磯遊びのルール 船釣りのルール

取締活動 パンフレット

川・湖のルールを守りましょう

河川や湖では、海と異なるルールがあります。神奈川県の川・湖のルールは次のページでまとめていますので、ご確認ください。

なお、河口部は海と川の両方のルールが適用されることがあります

関連リンク

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa