Withコロナ時代における未来アイデア

掲載日:2021年6月4日

HP

1 目的

新型コロナウイルス感染症の拡大により、人と人とのつながりの希薄化など様々な社会的課題が浮き彫りになりましたが、一方で、日常的な感染防止対策が浸透し、さらに、テクノロジーを活用したテレワークやオンライン会議の進展により、「新たなつながり」が生まれるなど、コロナ禍における新しい価値への「気づき」もあります。

Withコロナ時代は、こうした「気づき」などを活かして、社会的課題の解決や新たな価値の創出が期待される製品やサービスをいち早く社会実装していくことが重要です。

そこで、Withコロナ時代における課題に対応した様々なアイデアを、企業等とのマッチングなどを通じて、社会実装していくため、「Withコロナ時代における未来アイデア」を募集しました。

(参考)
令和2年7月15日から8月14日までの募集要項
・「Withコロナ時代における未来アイデア」募集要項(PDF:323KB) 募集は終了しています
令和2年9月7日から令和3年3月31日の募集要項
・「Withコロナ時代における未来アイデア」募集要項(ワード:38KB) 募集は終了しています

2 応募一覧

応募いただいたアイデアは次のリンクよりご覧ください。
※ 応募いただいた全てのアイデアを掲載しており、医学的な根拠等を保証しているものではありません。

3 実証結果

応募いただいたアイデアの中から2件の実証実験を行いました。
詳細は次のリンクよりご覧ください。

4 マッチングを希望される企業等の皆様へ

応募いただいたアイデアを活用して事業化・製品化を検討する場合は、次の問合せ先までご連絡ください。
なお、事業家・製品化にあたっては、応募された方の不利益にならないよう十分配慮していただくようお願いします。

<問合せ先>
045-285-0710(直通)
神奈川県政策局いのち・未来戦略本部室
「Withコロナ時代における未来アイデア」担当

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa