新型コロナワクチンにおける副反応への対応

掲載日:2021年6月7日

新型コロナワクチンの効果と安全性

新型コロナワクチンの有効性と安全性(コミナティ(ファイザー社)およびCOVID-19ワクチンモデルナ(武田薬品))について、以下のことにご留意ください。

効果

ワクチンを受けた人のほうが受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということがわかっています。

安全性

いずれのワクチンも、接種後、数日以内に接種部位の痛みや発熱等の症状が現れる可能性があります。

詳しくは、厚生労働省ホームページ(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

これまでに認められた副反応

これまでに認められた副反応については、下記に記載してあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

  • 注射した部分の痛み
  • 疲労
  • 頭痛
  • 筋肉や関節の痛み
  • 寒気
  • 下痢
  • 発熱

(参考)厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A「これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。」」(別ウィンドウで開きます)

接種後副反応が現れた方向けのご案内

rimen-singoHP

新型コロナウイルス感染症にかかるワクチンを接種した後、身体に何らかの異常が発生した際は、下記に基づきご相談いただけますようお願いいたします。
まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)(注1)が発生します。

(注1)アナフィラキシーの症状としては、皮膚症状、消化器症状、呼吸器症状が急に起こり、血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合もあります。薬の注射などで治療します。

(参考 厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A「アナフィラキシーではどのような症状が出ますか。治療法はありますか。」」)(別ウィンドウで開きます)

1 一次対応(※)

(※)厚生労働省による先行接種者健康調査等により、当該ワクチン接種後(特に2回目接種後)に、発熱・頭痛・倦怠感等の症状が高い頻度で現れますが、その多くは数日間で軽快することが報告されています。

(1)神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンターにご相談

新型コロナワクチンの副反応等に係る医学的知見を必要とする、専門的な相談を受け付けるコールセンターになりますので、ご相談ください。また、日本語以外でのご相談も受け付けております。

  • 電話番号 045-285-0719(24時間対応)

耳の不自由な方は次の様式に必要事項をご入力いただき、FAXによりご相談ください。

(2)必要に応じて、接種医・かかりつけ医にご相談

上記「神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター」にて受診するよう勧められた場合は、接種を受けた医療機関またはかかりつけ医に受診あるいはご相談いただけますようお願いいたします。

2 二次対応(アナフィラキシー等、緊急性が高い場合)

当該地域の救急医療体制により対応

3 三次対応(相当期間を経過後も症状が軽快しない等、一時対応で対応が困難な場合)

接種医、かかりつけ医から、必要に応じて県が協力を依頼した専門的な医療機関へ相談・紹介し、副反応に対応する専門的な医療機関を設置し、より専門的な相談や診療に対応します。

また、発現している症状が、循環器疾患や脳神経疾患等の、より高度で専門的な治療を要する症状との関連が強く疑われる症例等に対応します。

ICTを活用した、副反応に対する知見向上のための本県の取組み

副反応に対する知見の集積や診療の質の向上を図るため、専門的な医療機関の医師の間で、タイムリーに情報共有を行う、株式会社アルムが提供するコミュニケーションアプリ「Join」を導入します。

記者発表資料

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa