神奈川県の保健師として、働きたいと思っているあなたへ

NEWS
ニュース

WORKS
仕事内容

PROFILE
職員紹介

職員の写真

現在、地域で生活をしている難病患者さんの支援を中心に、受け持ち地域の感染症業務や認知症業務等を行っています。

保健福祉事務所に勤務(2015度入庁)

百武 芽生さん

Mei Hyakutake

地域で生活をしている方は、すぐに大きな変化を見ることは難しいですが、支援をする中で、対象者の変化を見ることができることに魅力を感じています。
また、他機関や他職種と連携する機会も多いので、ケース支援を通して専門性を高めることができます。
地域のニーズにあった事業を自分の手で展開することができるところも保健師の魅力のひとつです。「地域をこういうように変えていきたい!」という思いのもと、どのような事業展開ができるか日々模索しながら業務に励んでいます。
事務所を越えて、同期や先輩保健師と連携する機会も多く、毎日刺激を受けています。

詳細はこちら

RECRUIT
採用情報

WORK PLACE
働き方

Q&A
ご質問

  • Q
  • 看護師経験がなくても業務に支障はありませんか?
  • ひよこのイラスト
  • 全く支障はありません!
    県で働く保健師には、看護師経験のある方もいれば、ない方もいます。また、全く別の仕事をしていた方など、いろいろ方が一緒に働いています。業務経験を通して学ぶことがたくさんあります。

    先輩職員のインタビューをぜひご覧ください。
  • Q
  • 電話対応、訪問時の対応等慣れないことが多くて不安です。
  • 羊のイラスト
  • 入庁して1年目は、社会人そして県職員としてのルール、マナーを学ぶことから始まります。そのようなことをお伝えする研修は保健師のみに限らず事務職等の他職種の同期と合同で受けることになるので、色々と視野が広がるきかっけにもなります。
    保健師としての対応については、先輩保健師が手厚く教えてくれますので安心してください。家庭訪問はいきなり一人で行くわけではなく、まずは先輩保健師と行き技術等を見てもらいます。所内で何回か練習をした後、ひとり立ちするといったようにスモールステップで少しずつ慣れてもらいます。
  • Q
  • 保健師同士で交流等はありますか?
  • 羊のイラスト
  • 神奈川県保健師には保健師協議会というものがあり、年に数回保健師同士で勉強会等を実施しています。また、採用5年目までは新任期保健師と呼ばれ、新任期保健師でお茶会や情報交換会も自主的に行っています。
  • Q
  • 職場の雰囲気はどのような感じですか。
  • ヤギのイラスト
  • 所属先によって雰囲気は異なりますが、一言でいうとどの職場も和気あいあいという感じです。保健師が多く配置されている保健福祉事務所やセンターでは、年に数回テニス大会や卓球大会があり、そこで親睦を深めています。
詳細はこちら